川崎タジキスタン

アクセスカウンタ

zoom RSS キムジョンイル氏大連に現る

<<   作成日時 : 2010/05/23 22:25   >>

トラックバック 0 / コメント 2

流れる雲を追いかけてアカシアの丘 異国の地よ
「大連」と言えばコレ!若き日のサザン(原由子)の曲を思い出す。
昭和初期の懐メロのような曲調は、のびやかでいて物悲しい・・・

GW2泊3日中国の旅 映画一本見れる距離の大連は
古い町並みを一部に残し、ビル群へと開発が進められている
中心地は交通量が多いわりに信号は少ない、道路を横断するのには命がけだ

そんな大連にも慣れてきた2日目の夜、事件は起こった
日系デパートのレストランで食事をし、大通りに出た夜9時ごろ
目抜き通りはウソのように車が消え、付近には駐車している車もない

沿道には何事かとフェンス越しに大通りを見守る人々。。。。「芸能人でもくるんか?」

しばらくすると黒塗りの車が、シャーシャーシャーと何台も連なり目の前を走り抜ける

そして、ひときわ長〜い黒いリムジンが登場!これか?ビップは? 
すかさずシャッターを切り車列の一部を撮影

画像
















一行が過ぎ去ると、横っ腹に「公安」と書かれたパトカーが2台
目の前あたりに停まり制服警官が数人おりてきた

共産国だから勝手に撮影しちゃあまずいんじゃない?」カミサンがつぶやく
「まっまさかぁ?

そういえば麻薬所持で死刑になった日本人も・・・ややびびって固まっていると

何をするでもなくそこら辺、うろうろしはじめた  なんじゃこいつらぁ
「キムジョンイル氏専用列車で大連へ!」ホテルへもどりニュースで突然の訪中を知った

一晩中遠くからクラクションが聞こえてくる
そして日中は暖かいが、朝夕はまだまだコートが活躍できるくらいの寒暖の差
人々はエネルギッシュで、まるで怒鳴っているかのように会話している
今回は調査不足、ホテルの日本語フリーペーパーに随分助けられた 謝謝!
1元約15円、物価は安く下調べさえキッチリしてたらけっこう楽しめる街




タクシーで空港から大連駅前のラマダホテルへ向かう  初乗り8元約120円 
画像画像
















途中、古い町並みが残る一角
画像画像
















ホテル14階より  左:勝利広場 地下街はショッピングモール        ↓路面電車駅       大連駅↓
画像画像

















画像画像

















良く見かけたカラフルでちっこい車 
画像

















「中山広場」周辺は、レトロな洋館が立ち並ぶ
画像画像

















画像画像

















画像画像
















ウエディング姿のカップル 撮影ポイント            ホテルからぶらぶら歩いて20分、目的地の餃子屋さん画像画像



















餃子屋さんは地元民で賑わう  ほっぺの赤いウエイトレスは、サービス悪し英語も分からん 
画像画像

















メニューは難解!筆談でやっと通じたビール 麦酒は×啤酒○   こちら大連駅のお店の看板 リー・プルースは不滅
画像画像

















翌日は朝から徒歩15分の「ロシア人街」へ
画像画像
















パンダボーイ                        書の達人の路上パフォーマンスに群がる人々
画像画像

















街角にはこんな店が多い  「べイアグテ」?         路面電車の車内
画像画像

















乗車時に1元を料金箱に入れる 約15円とは安い!このタイプは近代的 恐ろしいほどレトロな路面電車も走る
画像画像

















さすが自転車の国、ケンタッキーもこれで配達
画像画像

















星海公園 タワー近くは遊覧船乗り場、テッペンからバンジーも!圧巻はロープスライダーで海の上をひとッ飛び
画像画像
















昼 四川風ギョーザは辛め おすすめ               夜 久光百貨店のレストラン左パイ風 右おしんこ風
画像画像

















お粥なべ 高い割にはイマイチ                   大連駅の1階駅内はごくごく普通、中国情緒全くなし
画像画像

















朝モヤにけむる大連駅前 左端がラマダホテル         要領がつかめてくる頃にはお別れとなる
画像画像
















人気ブログランキングへ

サザンの曲はこんな歌詞

流れる雲を追いかけてアカシアの丘 異国の地よ
冷たいときに耐えかねて つれぬ世のさだめ

ただ見果てぬ夢を追えば大連の橋の上
ああ せつない胸を抱いて母の顔がチラホラリ

連鎖の街にあの人と 手に手をつなぎ歩いた夜
ダンスホールに行こうかな あの頃はもう帰らん

まだ幼いこの娘を連れハルピン行きの列車
ああ お前の名前すらもきっとあの人は知らず

進軍ラッパがプププププ 
つばめのダンスにゃホロホロリ
だけどほぅら あの人に逢えるその日まで
ゆらゆら通せんぼ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そういえば中国訪問したってこのころTVで流れてたわ。
リアルタイムで中国に滞在していたんですね。すごい!
中国は怖くなかったですか?今はそうでもないのかな?場所にもよりますよね。
miyu
2010/05/29 22:52
日本人が多い街で、怖いところもあり
親切なところもありました、世界的に
若者の一部では日本ブームなんですかね?
タジキス
2010/05/31 11:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
キムジョンイル氏大連に現る 川崎タジキスタン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる