心あわたたし、そんな時こそ100万人のキャンドルナイト

画像















今年もあと数週間 ---- 川崎駅前恒例のイルミネーション

まだ本格的ではないが、12月に入り少しお目見えしてきた.。
クリスマス直前には、駅前ロータリーを中心に、さいかや屋通り、市役所通りの
街路樹にもずらーと飾り付けられる。

ただここ数年は、無駄な電力消費をしないよう、時間や期間を縮小しているように感じる。
だらぁーーとやっているのではなく、メリハリつけて一定期間やったほうが、ありがたみもでる。

地域活性化の一策として、年末商戦を勝ち抜くため、お客さんを呼び込みたい気持ちもわかるが・・・

たまには、一斉に明かり を消して、ほのかな灯り をともす夜があってもイイ・・

そして普段あまりあじわえない、スローな時間を過ごしてみたいのものです
でも、なぜ100万人なんでしょうか?

私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2005年の冬至の日、12月22日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいに電気をけしましょう。
ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。

プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。

一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。

http://www.candle-night.org/


〔あわたたし〕あわただしいの古い言い方---徒然草とか昔の書物にでてくる



人気blogランキングへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 12月22日100万人のキャンドルナイト

    Excerpt: 2003年から始まって毎年、冬至と夏至に行われてるこの運動。 結構、広まってきたなぁ~。 本まで出版されちゃってるしね。 今年も、各地でイベントが開催されるみたいなので、興味のある方はどうぞ。▼.. Weblog: [K]こあら日記 racked: 2005-12-21 20:11