ジャパネスクアートgoods

美術館では、展示した絵の何点かを
ポストカードをはじめ、トートバックや皿
手帳などに印刷し販売している

よく買うのはクリアファイルケース、書類や資料を
分類するのに自宅や会社で使え、なによりリーズナブル

美術館のショップでは
絵のランクや材質にもよるのかもしれないが
A4サイズ1枚で¥250~¥350ぐらい

美術館という場所柄、名所旧跡や山などの観光地と同様なのか?!
全般的に、やや高めの料金設定になっているように思える
その中で、わりと手が出しやすい代物がクリアファイルケース




地元の東Qハンズで、浮世絵シリーズを買ってみた
1枚で¥100ちょっと!耐久性にもよるが
外国の方へのちょっとした贈りものや、お土産にはいいかも

画像
















画像
















人気blogランキングへGO!













こんなに楽しい江戸の浮世絵―江戸の人はどう使ったか

この記事へのコメント

ミモザ
2006年05月15日 07:16
お早うございます&行ってらっしゃいませ!
uogokoroさんが仰っている通りクリアファイルケースが一番
有効に使えますね。
私は若いときから美術館めぐりが好きで集めたのが
かなりのポストカードです。
時々眺めるつもりで買うのですが、手元にあるといつでも
見ることが出来るから結局そのまま保管。
無駄な事を・・・最近は友人たちへ送るようにしましたが
記念にするならポストカードより実用的な方がいいかな~
と思ってきましたが、うおごころさんの読んで
ますますそう確信しましたわ(^^♪
uogokoro
2006年05月15日 19:50
こんばんは。。。
そうなんです、メモ帳はもっと安いのですけど
使っていくうちになくなりますし。
私は、バックを持たないで通勤していますが、
チョットした書類とかなら、クリアファイルケースに入れて
バッグ代わりにして、電車のってます。

この記事へのトラックバック