ゆる巻きヘアー!若き日のダ・ヴィンチ

デューラーとティツィアーノに挟まれたレオナルドの肖像画!
ダ・ヴィンチの顔といえば、おそらく晩年の自画像(セピア色のデッサン)であろう
苦悩に満ちた表情の老人を思い浮かべるが、若いとき(?)は意外に端整なのでびっくり!
最初はどこかの貴族か、王族のひとりかと思ったほど


図書館で借りてきた本(アレッサンドロ・ヴェッツォシ著)の本文には

『風采の良い、均整のとれた体つきをした、優雅で姿の美しい人だった。』

『丈の長い服が流行の時代に、膝までしかないバラ色の服を着用、

そして櫛でとかされた美しい巻き毛を、胸のあたりまでのばしていた。』・・


との記述


この絵の左にはドイツの画家デューラー、右にヴェネチアの画家ティツィアーノが並んでいる・・
右手のよこVが気になった ダヴィンチの作ではないが、手のしぐさが不自然に感じる

画像
 ダヴィンチの作品は謎が多く、視覚的にまた、言葉遊び的に
 メッセージが仕込まれている
 そして特にアウラを感じるものが多いとのこと

 。。。アウラ??

 ラテン語=物体から発する微妙な雰囲気。
 ひょっとして「オーラ」の語源???

 弟子や傾倒する画家にも、思想や技法が
 受け継がれているのかもしれない






画像





こちらは閉じV・・・祝福のサイン?→
サルヴァトーレ・ムンディ(世界の救い主)という絵   
〔レオナルド派の画家の作品〕







  


そして↓この有名な空間のV〔ダ・Vィンチ作〕

画像




















人気blogランキングへGO!



















レオナルド・ダ・ヴィンチ―芸術と生涯

この記事へのコメント

ミモザ
2006年05月18日 18:51
こんばんは!
若き日のダ・ヴィンチの自画像見たかったです。
よく探しましたね。
写真3枚どれも指の形(動き)が違うのが意味深ですね。
楽しいお話、有難うございました(^^♪
uogokoro
2006年05月18日 22:41
名前は「井草」のvinchiに由来することや、
本来言われているヴィンチ村出身(da Vinci)の意味を
もつ姓を、祖父がそうとられないよう
Dを大文字にしてDa Vinciにしたこと・・・などなど
勉強になりました!

この記事へのトラックバック