june fool!おもしろ建物擬似録

川崎市役所第三庁舎。いつも市民を静かに見守ってくれている・・・
しかし、超法規的非常事態宣言[*]が発令された瞬間、
職員および来訪者は建物(?)から緊急退避、戦闘用ロボットとして出動する!

両目部分の操縦席に乗り込み、任務に当たるのは
「サルバトーレ(救世主)」と呼ばれ、特別に訓練された市職員2名!

日頃から通常勤務終了後の約2時間、秘密裏に特殊施設へ赴き
操縦法やロボット工学の講義、戦闘シミュレーションなどを学ぶ
そして、宇宙飛行士並のトレーニングに耐え
来ては欲しくない「その日」に備える


[*]超法規的非常事態宣言
地震や津波などの自然災害を超えた不測の事態、あるいは未確認物体等の襲来が
確認された場合、防衛庁の同意のもと川崎市が独自に発令する条例で定められた宣言

と市のホームページで説明している
。。「インデペンデンスデイ」「宇宙戦争」「ゴジラ」のような事態でしょうか?

画像















↑両腕を下に伸ばし「気をつけ!スタイル」で待機中
見かけは旧式な感じだが性能はいいらしい・・・
コレが動くところは誰も見た事はないし
今後も見ることはないだろう



近くを歩いていて、ずっと気づかなかったが、こんなデザインだった驚き!
6/1なので2ヶ月おくれのエイプリルフールとして記録


人気blogランキングへGO!





この記事へのコメント

ミモザ
2006年06月01日 15:12
こんにちは!
川崎市は大都会だけあって進んでいますね。
説明文を読みながら写真を見ると、上のアーチ型が両目で真ん中
にほくろあるように見えます。
カッコイイ形をしていますね。
市民を守ってくれていると思っただけで安心しますね(^_^)v
uogokoro
2006年06月02日 21:37
こんばんは
そうですね、額にある川崎市のマークは
ほくろかヒンズー教のビンディに見えます。
てっぺんは角か兜のようですし
両肩からはアンテナっぽいものが・・・
このアングルからは勇ましく見えます!
残念ながら他の角度からでは、変なビルにしかみえまっせん

この記事へのトラックバック