チャイナタウンの“ろうろう国”

チャ~イナタウン この街をゆ~けばぁ♪
おまえとの思い出が風のように頬を打つ~
チャイナタウン からのポケットに
夢ばかり詰め込んでいきていたふたりさ

なつかしい矢沢永吉の名曲が浮かんでくる
確かこんな歌詞だったと思うが
途中に“口笛インストゥルメンタル”が入る しびれる 一曲!

画像














↑夜の関帝廟 7/19(水)は関羽様の誕生を祝う関帝誕


チャイニーズホテルのような華正樓本店で食事会
ロビーや廊下・個室などに配置された、数々の中国アンティーク(?)の
工芸品や調度品が迎えてくれる
おいしい北京料理とお酒を堪能したあとは
そぞろ歩きで中華街観光

10年ぶりぐらい??かなりご無沙汰だった横浜中華街

土曜の夜ということもあり
人通りも多く、にぎわいを見せるチャイナタウンは
古い記憶のなかの閑散としたイメージとはかけはなれ
新しい料理店やカフェ、雑貨屋さんやショッピングモール風の
建物などもでき、華やかさを増していた!


帰りぎわに、ROUROUという店を発見!
ベトナムやタイの繁華街にあるかのような雰囲気

アジアンフリーカーとしては、通り過ぎることもできず、ちと立ち寄ってみた
チャイニーズレストランの、ついたてオブジェのようなロゴマーク!
アジアンの服やバッグ・雑貨が置かれ、なかなかいい味だしてます

ネオアジアをコンセプトにパリコレモデルだった早園マキが立ち上げたブランドで、
蓮、唐草などアジアのモチーフを活かしたキュートなアジア服をデザインしています。

朧朧国(ろうろうこく) という、古くはヨーロッパや中国の影響を受け、やがて争いのない
文明を築きあげ、独特の文化や美術を持つ進化した未知のASIAの国...
そんな理想の国があると仮定し、その国の服などをイメージしたデザインです。


ここまでストーリー性をもたせているとは・・・おどろき
中華街の他に代官山にもあり
ネットショップでは、アジアンデザインが楽しめます

お店の人が、気さくに話しかけてくれたので
ほろ酔い気分のおじさんは、ここぞとばかりに“朧朧(ろうろう)”の意味をたずねる

ろうろうと夜が明ける とか、朝日が昇る とか・・・そんな風に使う言葉らしい
〔朧朧(ろうろう)⇒ぼんやりとかすむさま。おぼろなさま〕
なるほど!ひとつ勉強になりました・・・


横浜中華街

画像














食事会で、いただいた花を飾るの図↑

ここ一週間は、綺麗な花に癒される優雅な生活
花はいいですねーー!殺風景な家が明るくなりました
ありがとうございました!謝謝!




人気blogランキングへGO!






この記事へのコメント

ぴーかん
2006年06月23日 23:32
第二回ブログ選手権開催!!
第二回ブログ選手権を開催します!
エントリーお待ちしています!
毎回テーマに沿ったブログを募集して投票形式でその回の優勝者を決定します!!
このブログ選手権で自分のブログをアピールしよう!
http://sensyuken.blog69.fc2.com/
ミモザ
2006年06月25日 07:02
お早うございます♪
昔、友人たちと中華街で食事をしてショッピングをしましたが
何となく一人ではブラブラしにくい雰囲気がありました。
今はアジアンデザインのブランドのも置かれていて・・・いいですね。
以前行った時には安っぽいアジアの品が多かったので、大分
変わってきているのですね。
UOGOKORO
2006年06月26日 09:01
おはようございます
食事会のあと、急ぎ足でフラフラしましたが
だいぶ変わっていました。
メイン通りは人も多く、横浜を代表する
観光地なんですね・・・あらためてそう思いました。

この記事へのトラックバック