ヨーロッパ†エンブレムの謎にせまる

見たこともない標識や案内板、看板やマーク!
外国の空港や交通機関、広場や建物、
街のありとあらゆるところで気になる記号にぶつかる!
意味がわからなかったり、用途が不明だったり・・・
【QUIZ】 これはなんなのか?↓
答えは本文に

画像




















そこら辺をちょっと解消してくれそうな
「ヨーロッパ/エンブレムの旅」という本に出会う!

サッカーチームのフラッグや、ユニフォームなどにも見られる
エンブレム(紋章)もその記号のひとつ、英語でarms、ドイツ語でワッペン
フランス語でアンブレム、イタリア語でステンマと呼ぶらしい

ヨーロッパの紋章は
神聖ローマ帝国は鷲、聖母マリアは星や百合、騎士は剣などに象徴され
聖人やその人のシンボル、動物や植物などあらゆるものをモチーフとし
伝説や伝統、メッセージ・意志などが込められた図形となる

例えば
フィレンツェの名前は、フィオーレやフローラなど花という意味が語源
そして紋章は、「ダ・ヴィンチコード」にもでできた聖母マリアの象徴「ゆり」

フィレンツェの財閥メディチ家の紋章は赤い6個の玉で
丸薬を象徴し先祖が薬屋との説や
名前も先祖の医者(メディコ)に由来する説などが書かれている
。。。これはイタリア旅行の時、ガイドさんも言ってましたね
   薬の「メディシン」も似てますし。。。

都市そのものや教会、有名店や修道会などの紋章をとりあげ
意匠や構成を紐解いていく
なぜこの図案が採用されたのか?どういった意味をもつのか?
人から聞いたり、調べたりのエッセイ集

画像
















【QUIZの答え】カトリック教会の総本山、ヴァチカン市国の国旗
         交わった金と銀の鍵と、教皇の3重宝冠と呼ばれる冠

随所に「プラス1」コーナーがあり、記事にちなんだトリビア的な補足が・・・

聖ペテロ(もとは漁夫シモン)は、キリストから
「あなたはペテロ(岩の意味=信仰の堅さの表れからか)。
私はこの岩の上に教会を建てる・・・私はあなたに天国の鍵を授ける」
と命名され、天国の門番役をおおせつかった

ペテロはローマ皇帝ネロの迫害をうけ、殉職したと伝えられているが
ペテロの墓の上(近く)にヴァチカンの基礎が置かれた・・・

シンボルが「鍵」となった由来、そしてその「鍵」は
ヴァチカン市国の紋章において、二本となり交差している・・・
「鍵」をとりいれた他の都市の紋章と、それぞれの関係など・・・興味深い

一般的に鍵とは「解く力」「つなぐ力」象徴しているらしい

そう考えると「キーマン」という何気なく使っている言葉も、
単なる窓口、とか決定権を持つ人、みたいなニュアンスだけではなく
そういった物事を切り開いて、良い結果に結びつける力を持っている人!
という感じがしてきて重みが増してくる

写真がまったくないのが残念だが、色鮮やかなイラストが
適度に差し込まれている






人気blogランキングへGO!






この記事へのコメント

ミモザ
2006年07月23日 12:30
一所懸命にメモをしているミモザの姿がみえませんか?
ヨーロッパを旅行していると目にするのが紋章です。
QUIZの意味が分かっただけでも嬉しいです。
メディチ家の紋章と意味は知っていましたが、
たくさん教えて頂き感謝です
UOGOKORO
2006年07月25日 21:24
こんばんは
この本の内容を抜粋しアレンジしただけですが、
ダヴィンチ・コードのラングドン博士の専攻
「象徴学」には非常に興味があります。紋章もそのひとつ、
どんな意味があるのか知りたくなりますネ

この記事へのトラックバック