日常に噴出する狂気。

どこにもいるような普通の女性が電車の中で豹変、
家族連れの男性をけったり叩いたり?!
世の中(日本は)確かにおかしい。

走行中の電車、公衆の面前で逆ギレする普通の人
最近は、化粧とか格好・雰囲気だけでは見分けが付かないだけに
面食らうこともあり、変な方向にいくと、サイコサスペンス映画の世界だけではなく
現実に付け回されたり、危害を加えられたりすることも、珍しくないように思う


夕食の時に聞いた、あきれた話-------------------------------------

電車のシートに座り、横には自分のバックを置いた
30前くらいのふつ~に見える女性
停車駅で、人が乗ってきて車内は若干混み合ってきた

小さい子供2人を連れた若い夫婦が近くに来たが
それでも、足を組み
自分の隣、人ひとり座れるスペースにはバックを置いたまま

家族連れのご主人(男性)が、席を開けてくれるよう頼むが
無視!バックを動かす気配もない

男性はさすがに頭にきて注意をするが、それに腹をたてたか
逆にくってかかり罵声まであびせる

「あんたみたいなのに育てられたら、子供がかわいそうなんだよ!」

そんな言葉を吐きつつ(たぶん座ったまま、前にいた)

男性をけったり身体をたたいたりの暴挙にでた

その男性は、殴り返すわけにもいかない
子供は泣き出し、まわりの人達も呆れ果てて困惑

見かねた紳士が、もうこちらに来なさいと
その女性から離れる位置に、家族を誘導してくれた

画像
















普通では考えられない、ご乱心な振る舞い
しかし、その女性にとっては
自分の定める常識の範囲を超えた、その男性がワル者となるのか?
人目を気にせず攻撃に転じた

だれでも心の片隅に、自己中心的で身勝手、野蛮、傲慢な気持ちはあるもの
それを押さえ、協調していく事で社会生活が成り立っている

自制心や倫理観、モラルが欠けてきている、とよく言われるが
昔は人の狂気(人に迷惑がかかるような、抑えきれない衝動)
というものは、日常の中に潜んでいて
めったに表に出ることはなかったように思える

自分をコントロールできないのは恥ずかしい事だし(。。。できない時もよくありますが)
もし事件にでもなれば一生が台無し、白い目で見られ、家族友人にも迷惑がかかる
といった共通の意識が働いていたし、小さい頃からそう教えられていた

ここ数年、普通では考えられない事件も続発し、世の中狂気乱舞しまくっている
老若男女問わず、近所や街中・会社など、日常生活のなかで噴出している方も見かけるし
何かが狂ってきている・・・

ウイルスのように感染し広まっていったらヒジョーに怖い!
もしかしたら自分でも、撒き散らしているかも知れない・・・

心の免疫力は、何もせずには強くはならない

最近通い始めたスポーツジム
心の平静さを保ち、リラックスできるよう
気功のエクササイズにも挑戦しはじめた



人気blogランキングへGO!













狂気の偽装

この記事へのコメント

ミモザ
2006年09月24日 06:43
このお話は小説の中の話かな?と疑いたくなるほど怖い!
私は公共の乗り物に乗るのは旅行の時くらい・・・
仙台では街の中に住んでいて、どこまでも歩くし
あるいは車で行動していますがたしかに関東だけ
なく電車では妙な人が目に付きましたが、今回のような
家族連れでしかも自分に非があるにも関わらず、相手を攻撃
するとは何とも言えない恐怖感が感じられ、身勝手な人
が増えて、将来の日本は早く教育改革をやらないと大変
な事になっていくのではと強くかんじました。
UOGOKORO
2006年09月26日 21:13
2007年から国が本格的に「きれる子供」の研究、
対策を講じていくと何かで読みましたが、遅すぎですし
「きれる大人」はどうしていくのか?国ばかりに責任は
ないのですが・・・

この記事へのトラックバック