X-MENで気づいた夫婦の力関係

X-MENファイナルディシジョン、
ミュータントと呼ばれる人達の大半は、
授かったそれぞれの能力を、ひたすら隠し続け生活している・・・
この前の日曜、夕方からチネチッタで映画鑑賞!
X-MENファンである我が家の奥さんは、
事前にチケットショップで、1300円の券をゲットしていた。

自分的には、すごく見に行きたい!と思うほどの映画でもなく
そのうちTVでやる時に見ればいいか。。。ぐらいだったが
奥さんの「お気に入りシリーズ」で、どうしてもということでチネチッタへ

ありえないことが、何でもできちゃうのが面白いらしい
他にも、ばかげたストーリーの物が好きで、次に見たいのは
「日本以外全部沈没」!と事前にアピールしている
いい映画でも、深刻なものや涙ものは×らしい

ここでいつも言っていることのギャップに気づく!

画像




















二人が同時に見たいと思うものは映画館へ行くが
私のみ、見たいと思った「三丁目の夕日」や「ホテルルワンダ」などの時は
「エ~見たくない、そんなのすぐTVでやるし、無駄遣いはやめよう」とか
「もうすぐDVDになるから、家でゆっくり見た方がいい」
と調子のいい事を言ってさとし、映画館行きを阻止する

がっ!自分が見たいものは、率先 して出かけていく!腑に落ちない!?
パロディやコメディの場合は、迫力など無関係なはず
わざわざ大音響やスクリーンで見る必要もない・・・

しかし、毎回サイコキネシスのようなもので
心に攻撃をしかけられているのか
「お、おぅ?わかったよ、そーするよ・・・」と、一旦は納得していまい
うまくあやつられてしまう

まさにX-MENのミュータントにも、匹敵する能力を備えている

映画自体は迫力もあって、楽しめました!


人気blogランキングへGO!











X-MEN (1)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック