人類皆兄弟!なりゆきで善い人になりきる

ガイドさんが尋ねてきた。
「近くの僧院に日本人慰霊碑があります、寄っていきますか?」
ヤンゴンでは、大きな日本人墓地が観光ルートの一つにあるが、
お盆でもあるし、このバゴーの地で亡くなった方のお墓参りへ・・・

雑木林を切り開いたような所に、木造家屋が点々とあり
車をおり、歩いていくと中庭のような校庭で、沢山の子供達が遊んでいた

貧しくて普通の学校にいけない子供達ために、僧院の中につくった学校!
丁度昼休み時間だったので、ややぬかるんだ20~30畳ほどの小さい校庭は
地面に絵を書いたり、ゴムとびや追いかけっこをする子供達であふれていた

木造のこじんまりした2階建ての校舎は古く、中は薄暗く狭そうに見えた
ほとんどの子供が裸足で、日本の子に比べ身体は小さめ

それでも、無邪気にそして無心に遊ぶ姿は、活き活きとして元気一杯
あふれんばかりの笑顔がこぼれていた!

ガイドさんが、ちょっと話しかけると、全員集まってきて↓この状態
ついでに記念撮影!短かすぎるが「足長おじさん」風なショットにおさまる

画像













画像








校舎の裏側にあった慰霊碑は
膝丈ぐらいに高くなった6畳ほどの屋根付きスペース
戦後、日本人の手によって作られたことが記されていた
お参りをして、再び子供が遊ぶ校庭を通り車のほうへ戻る
何か渡したかったが、お菓子も全員に行き渡るほどない・・・

ガイドさんが僧院へ、気持ちとしてお布施を持っていくとのこと
米のたくさん取れる国なので、お米はあるが子供達の給食のオカズが買えないらしい
オカズのたしになるように、少しだが私達の分も一緒にお坊さんへ渡してもらった




人気blogランキングへGO!









教科書に書かれなかった戦争 (Part 22)

この記事へのコメント

ミモザ
2006年09月08日 06:20
お早うございます&行ってらっしゃいませ♪
2枚の写真共にアップをして見ました。
どの子も貧しい身なりをしていますが、明るくて活き活きしていて
子供らしくて可愛いですね。
この国では日本人は嫌われていないようでホッとしました。
足長おじさんになって頂き有難うございました。
私もいつの日はミャンマーに行きたいと思っていますので
すごく参考になります(^^♪
UOGOKORO
2006年09月08日 21:40
こんばんは
今回は首都&近郊でしたが、
ミャンマー見所は山の頂上にある聖地ゴールデンロック!
パガン、マンダレーと遺跡がたくさんあるみたいです。
ただ、雨季だったので建物がカビくさいのが気になりました。

この記事へのトラックバック