不思議の国ミャンマー、爆破事件の真相は?

まだ20代に見えるガイドのラ・チーさんは、小柄でおしゃれメガネの醤油顔(古ぃ?)。
最初に空港で会ったときは、完璧、日本人ガイドかと思ったほど!
聞くと、日本とのハーフでもなくカレン族の出身(ミャンマーは多民族国家)。
祖先は同じ系列なんだということを、あらためて実感した・・・


カレン族の言葉とミャンマー語、それに英語や日本語を話すので
たまに頭の中がごっちゃになるらしい
勉強熱心で、すごく向上心をもっている人

画像

















画像








地震で落ちてきた、古い時代の仏塔の一部をオブジェに↑


ミャンマーのことを、いろいろ教えてくれた
●自分の生まれた曜日ごとに動物が決まっていて、寺院ではその像の前でお祈りをする
 動物の相性が良くない組み合わせのカップルは、結婚を避けるか、厄払いをする
 曜日占い

●5~18歳の男子は、最低でも2週間僧侶として修行する
 朝3時起き、食事も1日2回、托鉢のときは裸足、雨でも傘をさしてはいけない
 ・・・ラ・チーさんも会社を休み、2週間ほど自主的に尼さんになったチャレンジャー

●最近、悪い人が子供をさらって行くので、小学校の下校時間には親が迎えに来る
 と、ショッキングな話も・・・

そして、極めつけはデパートやスーパーでの、セキュリティチェック!
うっすら知ってはいたが、のんびりしたこの国に似合わない、所持品検査&ボディチェックは
去年ヤンゴンのスーパーなど3箇所で、同時に爆弾が爆発!
26人が死亡(死傷?)したからとのこと

 「何の理由で誰が仕掛けたのですか?」

ラ「わからないのです」
 
 「えぇ~なっなんで?」

ラ「ミャンマーでは、何が起こっても原因はわからない」

  「そっそうなの^^;」

ラ「これがミャンマーですね」

みんなで笑った

この国の人は、過ぎた事にはこだわらないし、あまり気にしない
そして、ちょっといい加減・・・という風に聞こえた
ん~なるほど!とも思ったが、本当にそうなんだろうか・・・?
不思議な国である



人気blogランキングへGO!







物乞う仏陀

この記事へのコメント

ミモザ
2006年09月09日 16:10
ミャンマーで爆弾が爆発したのですか?知らなかったです。
それで原因が分からないとはのんびりしているのか?
それとも国が何かを規制しているのでしょうか?
ミャンマーの日常の事も書いてくださっているので
とても参考になります(^_-)-☆
UOGOKORO
2006年09月11日 22:20
あまり政情は聞きませんでしたが、
今まで使っていた通貨を、ある時期から
突然使用できなくしたり、旅行者には強制的に一定額(大金)
を両替させる(再両替不可)など、結構強引でアバウトな
歴史があるみたいです。

この記事へのトラックバック