ガンボ&オイスターバーでランチ・ア・ゴーゴー

Good Good GUMBO !
あまり、見ること、聞くこと、食べることのないこの〔ガンボ〕
ラゾーナ川崎で久々に、であったぁ~!
しかも、牡蠣が付いたランチメニュー、
歩きまわったので、ちょうどお腹もすいてきてイイタイミング!
しかし、なんと平日の1時過ぎというのに、店の前はプチ行列ができている・・・

開国して1ヶ月半だが、ラゾーナはまだまだ結構な人出である
よだれをたらしながら待つこと10分、やっと席に案内された
カウンターとテーブル席(2人がけ)6セットほど(4人がけにして3セット)

こじんまりした店内の隅には、赤・青・黄と代わる代わる発光するオブジェが・・・
キューブ型のガラスブロック十数個が天井からつりさげられ
黄色に光ると、ブラックデビルの耳?何かの標本のようにも見える?
な、なんじゃこれ?と思ったが
中にはパックリと開かれた、牡蠣の貝殻が埋め込まれていた

今はもうないのかもしれないが、ロングロングアゴーな20代の頃
よく遊びに行った自由が丘、「サントドミンゴ」という店のメニューに〔ガンボ〕はあった

アメリカ南部か中米、カリブあたりの料理だと思ったが
辛いのではなく、ピリッとスッパイシー!
やや酸味があるトマト風味の雑炊スープ(?)のような、この〔ガンボ〕を初めて口にした
うまかったので、それからは「サントドミンゴ」に行く度に
チキンガンボ、野菜ガンボなどをいつもたのんでいた記憶がある・・・

画像画像















ここ「ガンボ&オイスターバー」のは、シーフードガンボ、海老やオクラ、鶏肉などが入り
どちらかと言えばカレー風味、水っぽくなくご飯もシッカリしていて
想像していたなつかしぃー味とは違っていたが、美味しさ80点
牡蠣フライとサラダ、スープも付いて1200円(ランチにしては、ちょい高め?)

今度は焼いた牡蠣とか生牡蠣で一杯いきたいネ!・・・ジュる


人気blogランキングへGO!

























フランスを救った日本の牡蠣―もっともっとフランスが好きになる本














この記事へのコメント

この記事へのトラックバック