ふじがんも

U人にもらった“ふじがんも”
「まつかや」という店で昔から売っていて、地元では話題の
超めずらしがんもだった!(雁もどきの略/ガンの肉の味に似たもの)
長年暮らしていたのに、知らなかった・・・

渡された時に「うまいからそのまま食べろよ!」と自信をもって言われたが
家に帰ってからチンして食べる
昔からよく人をだまして驚かすU人だったが、けっして疑ったのではなく
ノロウイルスにびびったわけでもない

ただ、料理する人がそうしたかっただけである・・・
(洋ガラシと醤油にちょっとつけるのもイイらしい)

浮かんだ

ふじもんが がんとじふ(自負)する ふじがんも

画像画像
















おでんの具によくあるフニャフニャがんもではなく
駿河湾の新鮮なアジを、骨ごとスリ身にしゴボウを混ぜている
そのため食べていると、ちょっとジャリっとした感触にぶつかるが
カルシウムたっぷりで酒のツマミにぴったし!

どこかで見たような、一昔前のパッケージデザインと
合成保存料などの食品添加物は、一切使用していなのはウレシーね!

静岡おでんや、黒はんぺんがチコッとブームになっているが
今度はコレがくるかも? 名物をありがとさん・・・

画像   














富士山はそばにいて、いつも見守ってくれていた  
人気blogランキングへGO!








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック