唖然!子供のお弁当はスナック菓子

“おどろき、おののき、なげきの木”
とでも言いたくなるような出来事・・・
お弁当持参の幼稚園の話、
先生がある園児のお弁当を何気なく覗いたところ、
お弁当箱にはスナック菓子がぎっしり詰め込まれていたそうな。
世の中ここまで変わってきたとは

画像





ケーキとかドーナツならまだしも、成長期の子供にスナック菓子とはいただけない
冷凍食品やカップ麺など、出来合いのもので食事を済ますのは、ありがちだが
ここまでくると、子供の発育にもかかわるし
すごくふびん(かわいそうで気の毒)に思えてしまう

この幼稚園では、問題を重視し、おかあさん向けの料理教室を開くといった
前向きな対策をとったらしいが、よくよく聞くと

子供の入園前には、毎日こんな弁当あんな弁当を持たせてやろう
と理想を描き、夢ふくらませていたお母さんが
実際の所、子供の好き嫌いや、献立を考えたり、時間がなかったりで苦労を重ね
知恵を絞ったあげく、子供が好きな食べ物で、残すことなく食べるであろう
「スナック菓子」にたどり着いたという顛末らしいが
理想と現実のギャップのすごさに驚いた

ふと、昔の記憶がよみがえる
結婚したら会社に持っていくお弁当を作るからネと
二人で弁当箱を探しにいき、買っておいたはずなのに
結局一回も使われることなく、そのうち捨てられてしまった
我が家のふびんな「弁当箱」を思い出した

結婚して十何年にもなるが
いまだ悪妻愛妻弁当を会社に持っていったことはない・・・


人気blogランキングへGO!




















この記事へのコメント

ミモザ
2007年03月15日 18:04
この記事を読んで唖然・・・本当なんですかって
聞き返したくなりましたが、現実はこの様に変わってきたのですね。
子供のいない私は子供の記事を読む事もなく只ビックリです。
貧しくてもいいから暖かな家庭を作って欲しいと願いだけです。
タジキス
2007年03月15日 22:27
聞いた話ですが、今は十分あり得ることですよね
悪気はなくグッドアイデアだったのかもしれませんが、
大変な時代になってきました

この記事へのトラックバック