横浜関内「エルミタージュ」の二つの謎

エルミタージュと聞くと、
いま一番訪れたみたい街・サンクトペテルブルグにある美術館を連想する。
「ロシアの宮廷料理」のお店!?とか思ってしまう無知無知男は、
フランス国旗の看板に首をかしげながら、地階への階段を下りていった。

エルミタージュは【HERMITAGE】
「隠れ家」とか「隠れの間」の意味を持つフランス語と聞き納得
ロシアの「エルミタージュ」も、そこらへんから来ているらしい      
                                          ↓隠れ家へのアプローチ
画像画像

















画像 横浜関内にあるイセザキモールの近く
 壁の代わりに、木の柱(板)が並べられ
 ほどよい個室感と開放感を演出している
 
 和風テイストの創作フレンチは
 箸で食べこともできる
 
 フレンチによくある
 ソース仕立てのべトべト感はなく
 さっぱりして美味しい
 
 器が違えば日本料理のようでもある




画像 奥のテーブルに6人がけで食事会
 
 壁には「"座右の銘"を飾る横長の額縁」の
 ようなサイズ・角度で、大きな鏡が掛けられ
 インテリアにしてはちょっと違和感あり
 ・・・なぜここに鏡がぁ

 丁度、壁と反対席の人が見上げると顔が写るらしい
 おぉぉそぉか口の周りの食べかすチェックや
 顔の赤みで酔い加減がチェックできるジャン・・・
 謎はとけた!

  なわきゃない


店員さんの位置からでは
お客さんの背中でテーブルが死角になり、食事の進み具合が分からない
いちいち近づくのも気に触るであろうと気遣い
離れた所からでも確認できるよう工夫した・・・?と推定できる


実際のところどーなんだろ?
「あ~、あれは壁のシミを隠してるんです」とか
「風水の関係なんで・・・」なんて、答えが返ってきたらズッコケルね・・・

 
人気blogランキングへGO!












この記事へのコメント

ミモザ
2007年05月17日 17:18
こんにちは~今日はお休みだったのですね。
先ほども訪問しましたが、コメントは書かなくてパソコンの席を
離れていたら、タジキスさんからミモザへコメントが届きビックリ!
エルミタージュとお聞きすると同じく美術館を思い浮かべます。
本日はたくさんの創作フレンチの写真をアップして頂き
嬉しいです~どれも美味しそうです。
木の柱は開放感があり温もりがありますね(^_-)-☆
タジキス
2007年05月17日 21:50
こんばんは
そ~なんです本日はお休みの日でした。
写真は見るとピンボケが多く困りました
コースを2種類たのんでみんなでショアして食べたので
いろいろなものを楽しめましたヨ。

この記事へのトラックバック