ジム・トンプソンハウス博物館

  謎の失踪 をとげたタイのシルク王の家は
  「ジム・トンプソンの家」として一般に開放されている。


     10年ほど前に訪れたとき、そんなに大きくはない敷地の前には
     みやげ物や骨董品モドキを扱った、粗末な店が一軒あった。
     
     ところが、正面にはりっぱな門がシッカリ出来ているし
     建物までの通路をはさみ、左にショップ、右にカフェ&レストランが建てられ
     少しおしゃれな感じに様変わりしていた。


画像画像










             







画像

                   玄関だった所、窓は強度が増すよう上がやや狭くなった台形



      タイの古い建築様式を多く取り入れ、チーク材で出来た家を6軒取り集めて造られたものです。
      大部分は100年前から200年以上経っており、
      そのうちの何軒かはタイの古い都アユタヤから川を下って運ばれたものです。
      昔の建築法に従って復元しましたが、随所に彼の建築家としてのアイデアが生かされています。
   
          。。。などと、日本語の話せるタイ人スタッフが説明しながら案内してくれる




画像画像















   玄関前や吹き抜け部分に置かれた骨董品の数々、建物の中にも美術品が飾られているが撮影は禁止

画像画像














    大人200バーツ(約600円ちょっと) 収益金はバンコクの盲学校のために使われている

    人気blogランキングへGO!






















この記事へのコメント

ミモザ
2007年08月22日 10:20
シルク王のジム・トンプソンさんの話は知っていましたが、
そこが博物館に生まれ変わったのですね。
建物もお洒落で素敵ですし、レストランの雰囲気も良さそうですね。
調度品も素晴らしい~私もタイへもう一度行ってみたいです。
いろいろ紹介してくださるので嬉しいです\(~o~)/
タジキス
2007年08月23日 22:27
もともと小さい博物館として自宅が
公開されていましたが、アプローチ部分が
立派になったようです。
そんなに広い邸宅ではないのですが
駅からも歩けますし、散歩がてらに、
いいかもしれません!

この記事へのトラックバック

  • 沖縄土産 沖縄限定ゴーヤキティ

    Excerpt: 沖縄旅行に行ったのは数年前・・・。遊びたいしお土産も買いたいし節約もしたい!ということで格安ツアーを見つけて行きました。ツアーといっても沖縄現地で... Weblog: 沖縄の土産 racked: 2007-08-22 03:24