ほのかでだっさい

画像 「焼酎ダイニングほのか」で祝杯  
 ビールを飲み干した後、
 この日の主役が店員に発した言葉は
 「だっさいくださ~い!」・・・だっ?ダッサい???

 ナに ソれ?
 聞きなれないヘンテコな名前
 野菜の煮物?漬物か・・・?

 後日調査してみると、なぁんとナント
 カワウソの祭りと書いて 「獺祭(だっさい)」
 すんゴク意外な漢字で興味をそそられる

 



画像「獺祭魚(だっさいぎょ)」の略。
獺(カワウソ)君は捕った魚を、すぐ食べないで
川岸や石の上に並べておく習性があるらしい

その仕草は、人間が祭りの時に
ご先祖様に物を供えることに似ているので
カワウソ君のお祭り。。とされたようだ

さらに、書き物をする時にたくさんの参考資料等を
広げちらす事をいうらしいが、それも似ているね

うーーーむ奥深い

で、結局なんなのか?というと「純米吟醸酒」の名前
蔵元のある山口県は”獺越”という地名と
正岡子規の自称”獺祭書屋主人”からきているとのこと


ツウではないが、チューハイ類よりは日本酒を好む
便乗して頂く冷酒はおいしく、その後全員だっさいびたりとなる

貰ったプレゼントを
カワウソ君のようにテーブルに並べて
飲んでくれていたら、まさに「獺祭魚(だっさいぎょ)」だったのに






画像 考え方も人それぞれ
 少しだけの違いを、闇雲に否定しあうこともなく
 アタリさわりなく迎合するでもなく
 
 元気一杯、思いの丈をぶちまけあった皆さんは
 再会を誓い撤収~となる
 


 人気blogランキングへGO!

















この記事へのコメント

2008年02月24日 07:29
おはよう御座います~♪
今日の記事も大変興味深く聞いていました。
カワウソくんの習性と人間の習性が似ていたなんて考えた事も
ありませんでしたし、奥が深いですね。
お酒の名前を付けるのにも、何がしの意味はあると思っていましたが
これも又、奥が深くて楽しいです。

朝起きたら雪景色になっていました。
今週は寒いそうですので、風邪にご注意を(^^)/~~~
タジキス
2008年02月27日 21:59
こんばんは
名前の由来って面白いですよね~
以外な理由があったり、つけた人にしか分からない
思い入れがあったり・・・

自分の名前もどういう思いをこめつけられたのか?
そういえば、ちゃんと教えてもらっていないようです。
もう遅いですが・・・

この記事へのトラックバック