手を合わす佛

写真を見ると岩に書かれた の字、
ニンベンの横のが、両手を合わせ拝んでいるよう
中国人観光客や参拝客でにぎわう、チャイニーズテンプル南普陀寺。
欧米人や日本人の姿は、ほとんど見かけない超穴場!

境内には、50センチくらいの巨大ポッキー型の
線香を手に持ち、うろうろしている人が多い

建物や景色を見るのに夢中になっていると
すれ違いざまに、顔面にふれそうで危険
でも、そんなことは気にもとめていないだろう・・・



●境内から岩山に点在する仏塔へと階段が続く   ●結構ハードな道のり、全行程制覇は即あきらめる
画像画像
















●巨岩だらけ、崩れないのが不思議                     ●窓枠と格子にもレリーフ
画像画像

















●変わった形の屋根と装飾、龍と鳳凰がモチーフ(?)  ●山の中腹からの風景(曇天ため見晴らしはイマイチ)
画像画像


















●天をにらむ小竜                        ●そりあがったキセルを吸う老人
画像画像

















●寺院の正面出入り口、一対の象とライオン            ●寺院に向かう道の通用門、魔除け風の取っ手
画像画像

















●巨大線香を受ける香炉も巨大               ●正面出入り口の壁
画像画像

















●正面出入り口、狛犬ではなく もろライオン
画像
















人気blogランキングへGO!







この記事へのコメント

2008年06月01日 07:27
おはよう御座います~♪
さすが!細かい所までチェックをしていますね。
拡大して見ると、いろいろと見えてきました。
出入り口も象であったりライオンだったり、結構自由にやっているのが
楽しいです(^_-)-☆
タジキス
2008年06月01日 20:18
岩山を歩きトレッキングのようでした。
革靴やサンダルではチョット危険かもしれません
天気はどんよりしていましたが
変わった建物や碑石が見れ結構楽しかったです

この記事へのトラックバック