「帰るメール」は返らない

夜風が身にしみる月夜の晩、 帰宅途中にいつもどおりカミさんへメール 「今○○駅だよ寒む~」。 脳の活性化に良さそうだし左右のバランスも考え、 携帯メールは左手を使う、そしてこの寒さ! あやうい手元はさらにあやうい! 数日たったある日、いつもはドンドン削除するのだが 何…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ほのかでだっさい

 「焼酎ダイニングほのか」で祝杯    ビールを飲み干した後、  この日の主役が店員に発した言葉は  「だっさいくださ~い!」・・・だっ?ダッサい???  ナに ソれ?  聞きなれないヘンテコな名前  野菜の煮物?漬物か・・・?  後日調査してみると、なぁんとナント  カワウソの祭りと書い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ちゃぶ台

日曜日、お客さんを我が家へ招くことになった しかも、5~6人と過去最高の来場者数 リビングにある丸テーブルでは4人が精一杯 簡易テーブルとイスを、ラゾーナの家具屋さんへ見に行ったが なかなか良いものがないし、大きなものでは最低でも1万円近くする っとカミさんがひらめい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小田原漫遊記

     第3回のオヤジ飲みしよう会は  小田原駅4時集合!    前々回の失敗を教訓に、絶っ対ぜったい  電車のあるうちに帰ろうぜ!  と誓ったはずが、結局またまた朝帰り  どーにもこーにも、だらしのないオッサン達であった   ふだんは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寒波襲来のこころがまえ

なにも咲かない寒い日は         下へ下へと根を伸ばせ                  やがて大きな花が咲く シドニーオリンピックで、金メダリストにまでなった高橋尚子選手を支えた言葉 高校時代にもらった、陸上部監督からのメッセージ らしいが オリジナルは誰なんだろう? 結果…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バンコク探検メモ②

通りの名はPETCHBURIと書いてペチャブリーまたはペップリーとおもしろい発音 今回のサービスアパートメント「センターポイント」はこの通りの近くに建つ。 25階の部屋のベランダからは、そびえるタワーホテルが見える ■ミニマートにつながっていたり、小さいながらプールもある フィットネスルームは、リフレッシュ感を誘うアロマが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バンコク探検メモ①タクシー事情

■若い時の写真?髪型変えた?やせこけた? いやいやこれぜったい別人じゃん!!!! タクシードライバーの証明写真と 運転手が違うケースは、タイではよくあること。 日本でもたま~に疑惑のタクシーにぶち当たるが・・・ 中年の女性ドライバーの車に乗った 性転換の割合が高い国でもあるが、そりゃないねぇ 写真のおじち…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

世界自然遺産はイサーンにあり!

ハイキングや避暑に大人気のカオヤイ国立公園は、 タイ人にとっては軽井沢的スポットらしい うっそうと茂った原生林の息吹を感じ、自然とふれあいタイ!と ツアーを申し込んでいた1月3日は、5時起床でひじょーに眠たい  滞在中のサービスアパートメントへ  20分遅れで迎えにきた車には、日本人の家族が5人だけ  英…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

北京五輪非公認ベイベイ

おぉーと?これはぁ~? 今何かとお騒がせな中国は 北京オリンピックのマスコットだぜベイベィ! 舐めたらあかんでぇ!のコピー商品? 驚くことにマスコットは5人(匹?)もいるらしい チャイナみやげにもらったこのグッズ よくは読めないが英語で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

イタリアン Lou-Lou (ルウルウ)

鉢植えの植物とイーゼルにかけられた メニューボードが道行く人を誘う 「イタリアン食堂」といった店構えのルウルウ。 夜に何回か来たことがあったが、ランチは初めて でも、期待は裏切らない店であった~ 平日なので、昼食時をさけ1時過ぎに入店 サラリーマンやOLがはけた店内は …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

椿(TUBAKI)にわかば

そばとお酒がうまい蕎麦酒屋「椿」。 2年ぶりに入ってみたが、 ヤングなサラリーマンがワイワイやっちょる! 昔はジャズっぽい曲が流れ 落ち着いた雰囲気の店だったのに・・・ 空いていたのは、6人掛けくらいの大きめどっしりテーブル ベンチシートに3人で腰をおろすが YAHHO~!トイメンに座った…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ついに体験!立ち飲み酒場石田商店へ

昭和レトロの雰囲気ただよう外観&内装、 カウンター周りには酒瓶が飾られ、 壁にかかる数点の大きな絵(なぜか浮世絵の人物画?)が目を引く いつも前を通るたびに、つい中を覗いてしまう 特に暑かった夏 は、扉を開けっ放しのオープンエア ゴクゴクとビールを飲む姿は うらやましく思えたもの …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

誕生日ディナーを家で作るの巻

めったに料理は作らない(作れない) 昼間一人の時、たま~にカレーぐらいは作るが 結婚して十何年、いまだかって晩飯なんぞの仕度をしたことは、 自慢じゃないが一度もな~い カミサンのたっての願いは 日中働きながら、朝晩の食事の仕度もするので 「一度でいいから家にシェフが来て、コース料理みたいに 次々…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

隠れ家フレンチ・オハラス

五反田駅から大崎方面へ。 歩道橋をものすごーく低くしたような橋がかかった川を渡り、 事務所が入った低中層ビルが建ち並ぶ一帯を歩いていると、 シマシマのサンシェードと壁面のロゴが現れる。 地下へ降りるとフランス人(?)のマダムが迎えてくれた 外国人の登場になぜか緊張してしまい 「ボンジュール」なんぞ言うべきかっ?と一瞬迷っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チャオタイでトムヤムクンラーメン

世界三大スープの一つトムヤムクン。 一口のめば HOT!HOT!HOT!HOT! (と、今は落ち着いた藤井隆が、踊りながら叫んでいた昔がなつかしい) そんな風に、喉と口がヒリヒリ焼ける タイ旅行で最初に食べた時は、辛さと雑巾(?)のような味に参った! なのに、その後もタイへ行った際に…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

人気のピッツァ!トラットリア・オ・プレチェネッラ

と、舌を噛みそうな名前 横浜では美味しいと有名なイタリアンレストラン 人気店とあって予約しないと、確実にランチにありつけない 横浜駅から、以前ハマボウルのあった建物を通り越し、川沿いを十数分 繁華街からはずれてはいるが、飛び込み客もメニメニィ多く 断られて帰っていくカッ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

沖縄魂

うちなーぬまぶい? おきなわソウル? りゅうきゅうだましい? おきなわだましい? 読み方、読ませ方はいろいろ ●Photo by H.Niizeki    その 沖縄魂 がギンギンに伝わってくるお店 新橋はSL広場近くのビル 記憶が途切れ途切れなので、名前は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「隠れ野新橋店はなれ」でイミナシ会

活気に満ち溢れた街、新橋。 特に給料日後の金曜の夜は、ひと・ヒト・人でごった返す。 明日から休みというサラリーマンやOLなど、 仕事から解き放たれた人々の表情や仕草に、その人なりの ドラマを垣間見ることもでき、人間ウォッチングをしても楽しい! これから仲間と飲もう!と嬉々と輝く瞳 {%orz_a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オジサンの法則①

残業も夜9時をまわり、帰り間際にⅠ氏に話しかける くわ~ぁ、つかれたねぇ おれらもう、今日はあれだよねアレ、ほれアレ (菅野美穂の顔は浮かんでるのに・・・) え^^と、なんだっけアレ おおぁ!あれだよ、そう! 「仕事マン」 菅野美穂がなんかTVでや…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

失くしたものを呼びもどす

豊かになったことで、 失くしていったものがある。 街に暮らすことで、 忘れてしまったものがある。 風の温かさ 雨の優しさ 季節が語る言葉たち スポーツで疲れてみる 失くしたものを呼び戻すために からっぽの心にしか、自然の唄は聴こえない        
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

四季亭「秋の膳」

横浜ロイヤルパークホテルの68階、 「四季亭」での誕生日を祝う食事会に参加。 大きな窓からはナイスビュー!山下公園やベイブリッジ、みなとみらいが一望でき、 眼下にはコンチネンタルホテルやコスモワールドが小さく見える・・・ うす曇りの天気で、遠くはかすんでいるが 横浜から鶴…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ランチはフレンチ「アリアッチ」 

ARIA.Cと書いて「アリアッチ」 「ラ チッタデッラ」のビバーチェ1階に8月頃オープンした フレンチカジュアルなお店 開放的なオープンテラスに白いサンシェードが目を引く 日曜日なのでランチメニューは高めの1,000円以上! メインの肉と冷たいかぼちゃのスープ(デミタスカップサイ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

焼酎ダイニングほのかでランチ

古びた木材に土壁風の外壁、 その上部は緑色に苔むしたような感じに仕上げてある。 パッと見、廃墟とか焼け跡を思わせるが、 古民家の納屋風(?)のちょっと変わった店構え 川崎仲見世通り、以前から気になっていた風変わりな建物 「焼酎ダイニングほのか」の日替わりランチは コーンクリームハンバーグ、刺身、大根の煮物 味噌汁。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

"桃源境"ミャンマーのゆらぎ

まさに桃源境!?!のような風景。 仏教国ミャンマーの街角は、遠~い昔に夢で見たような不思議な世界?! 道は大理石、竜宮城のような建物や黄金色の塔が立ち並ぶ 人々は寺院でのお祈りを欠かさず、つつましく心やすらかに暮らす・・・ 情勢不安で揺れに揺れているビルマ(ミャンマー) 変われるものなら、こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アントキの猪木

後ろに「顎人」と書かれた パンツ姿でヤツは現れた!「あごじん」・・・? 不敵な笑みを浮かべ、威勢良く例のフレーズから始まった 元気ですかー? 山で働く人はヤマンチュー(山人)、海で働く人はウミンチュウー(海人) そして、あごで働く人をアゴンチューといーます そお!私はアゴンチュー。。。。「顎人」の謎は解けた …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

一鶴で、骨付き鳥に、かぶりつき

珍しく横浜ビブレの裏側あたりを探索  四国は香川県が発祥の地、骨付き鳥一筋の店「一鶴」に6人で潜入 特性スパイスで焼き上げた、骨付きのモモ肉にくらいつく ↑親鳥とヒナ鳥を注文、オニギリには 皿にたまった肉汁をつけて食べる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9.07多摩川異常水位

AM9:00 台風9号の影響で多摩川が増水! 河川敷は水没し、堤防の下2、3メートルにまで濁流が迫る   普段はこんな↓ 周辺には救急車や消防車が集まり、取り残されたホームレスの救出を検討中 その後ヘリコプターが出動し、午前中は救助作業が行われていた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サラリーマンOLD ・ゼクスィー課長

会社でゼクシィなんぞ見かけたもんなら、もー胃が痛くなりそう! 人手不足のおり、寿退職をいっつも心配している課長さん 嫌われながらも、女子社員と様子を伺いついでの世間話・・・ が、話がかみ合ってないことに気づかない男であった。 しば××(ちょっと聞き取りにくかったようだ)コウって 俳優の柴俊夫…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

じとっこランチ

宮崎日南、幻の地鶏焼「じとっこ」 リパーク川崎からソリッドスクエアのほうへ1分、 東国原県知事もPRする地鶏の店があった 店頭にディスプレイされていた「冷汁うどん」と「名古屋風・味噌カツ定食」を注文 キュウリやミョウガ、ゴマとかが入った白いスープに、うどんをつけて食べる 「冷汁うどん」は初めて!だが、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

その名、けんぞう

蒲田の路地でバッタリ、けんぞうさんに会いました。 どっしりとして落ち着きのある風貌、色黒でなかなかの男前 包み込むような優しさで、女性にも人気があるようです。 扉をあけると暗めの店内、濃い色の柱や壁におおわれた半個室スペース オレンジ色の灯りをほのかに放つ、トルコ風デザインのランプが目を引く …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

蒲田カレーカーニバルへGo!

集中豪雨の時には、浸水しそうな半地下のフロアへ下りると、 木のきしむ音が心地よいウッディフロア。 真っ赤なイスに、いい感じで塗装のはげたテーブル、 70年代風アメリカ のPOPなイラストや雑貨が 迎えてくれる。 TVモニターでは白黒のバットマン が悪人と戦っている 。。。ロビンはブ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

超新鮮!フルーツパラダイス

アパートメントでの朝食用に食料を買いに出る。 デパート地下の食料品売り場には、 見た事もない南国系の果物が、ところ狭しと並んでいた 朝食風景↓驚くほど安いので、フルーツは色々楽しめる   無数の房をほじって口に運ぶ↓種の周りの甘い果肉をすする …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タイ飯とタイ名刺

ネットで事前に情報収集し、目星をつけておいた タイメ(イ)シ屋を中途半端にセレクション どこもはずれはない!がプリック(青い唐辛子)には要注意だべし! ↓「ティダイーサーン」ビクトリーモニュメント駅から3分くらい 日本語でも書いてある看板を見逃し、通り過ぎて帰ってきて30分も歩く 腹が減って丁度…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

珍品・変品ギャラリー

薔薇をくわえ、あやしげにポーズをきめる二人の男性モデル 同じ顔?顔周辺は左右反転くさい!が髪型の流れは同じほうへ。 んーーー? 【左・拡大OK】"何じゃこれ!?的 "に興味をそそる「いい息さわやか」のクロレッツ戦略を見た 【右・拡大OK】日本語を真似…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

メトロに乗って。センサー万別

スカイトレインで乗車カードを買うには、 初めてだと、手順がややこしく改札を通るタイミングも難しい。 今回もどでかい腰を改札で挟まれている 欧米系外国人をよく見かけたが、 メトロはどんな乗り方なのか?ワクワクする スカイトレイ(BTS)アソーク駅から、地下鉄(MRT)のスクンビット駅に乗り換え きれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジム・トンプソンハウス博物館

  謎の失踪 をとげたタイのシルク王の家は   「ジム・トンプソンの家」として一般に開放されている。      10年ほど前に訪れたとき、そんなに大きくはない敷地の前には      みやげ物や骨董品モドキを扱った、粗末な店が一軒あった。            ところが、正面にはりっぱな門がシッカリ出来ているし    …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

脱力気味で巨大マーケットを楽しむ

朝10時、BTSの終点モーチット駅から 土・日しかやっていないウィークエンドマーケットへ! お目当ては一緒、降り立った人達は一斉に同じ方向へ歩き出す すんゴク安いので外国人観光客も多い 服、雑貨、靴、インテリア、装飾品、骨董品や植木など ありとあらゆるものが、そろっている巨大市場 土・日しかオープ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ぶっとぶグッドビュー、ゴダイゴな巨大魚

今回の本拠地はBTSラチャティウィ駅から3分、 エバーグリーンプレース・サービスアパートメント。 5泊6日の非日常的生活にどっぷりこんと浸る 19階のバルコニーから中心街サイアムエリアを望む。左端の大きな建物は、超豪華デパートメント「サイアムパラゴン」  高層ビルとスラム街が混在する、近未来…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

熱タイの極うまアイス

熱帯の日中は暑さもきびしいが、嫌いじゃない ムシムシ汗ダク うだるような暑さの日本よりはマシ 灼熱のバンコク BTSのプルンチット駅から中心街をテクテク歩き、人気のレストランへ 場所は見つかったが、なんと今日はクローズド ひたすら歩き来た道を、ひたすら引き返す …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

気になる逸品勢ぞろい!道具学へのいざない

人類が誕生し今日まで、生きていくのには欠かすことのできない「道具」 「空気」にはかなわないが、なければ死んでしまうほど大切なモノのはず・・・ ところが、悲しいことに「道具のように、なくてはならない存在」とか 「道具みたいに、いつもそばにいてくれる大事な人」とは例えられない 道具って・・・? 人が生き…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

200回突破記念!たわごと100の軌跡 

つたない文章で書きなぐったたわごとも、ついに200テーマを突破 そして9月でちょうど2年、これからもドーゾよろしく このブログは、年月別には過去1年分しか表示されない(ページ下段) さらに過去もう1年分 2005年9月に初めてから2006年7月…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

たまらん生ランブータン

冷凍ではない 生 のランブータンを入手 よくあるシナッ、グチャって感じではなく、気持ち果肉に張りがある食感 中身は似ているが表に毛がないのはライチ、今まで意識して食したことはない ということは、ライチと比較してる可能性もあるので 2行目の感想は非常にアバウトで当てにならないかも・・・ ちなみにタイではライチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不覚!景虎に飲まれた夜/新橋・味喜庵

今宵の目的地はヒートアイランド新橋。 キャバクラの呼び込みのニーちゃんに、場所を聞きながら メイド服(ついにここまで)のオネーチャンが数人立つ通りを曲がると 由緒ありそうなそば屋が数軒集まる一帯が・・・ 渋~い店構え「味喜庵」の暖簾をくぐる 店内はそんなに広くもない、浮世絵数点が壁を飾るが 癒しの空間…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ついに突入!なぞのタイストア

「オワワァなんだ?こんなところにぃ!?」 マルコポーロが大陸を発見した時は、 こんな気持ちだったのだろうか・・・? 大げさだが、偶然見つけた時には 宝物を探し当てたように心が躍った その店は、川崎の繁華街からはるかにはずれ 小さな町の商店と住宅が混在する通りの片隅にあった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そら豆にはずかしめられた夜

昨日のランチはモッツアレラチーズと空豆のパスタ そういえば数年前、「空豆」で顔が真っ赤になるほど 恥ずかしい思いをした U人数人と料理屋さんで待ち合わせ だいぶ早く着いてしまったので、一人で座敷にあがり待つことに 仕入れた情報では、そこは普通の居酒屋などにはない 珍しいメニューがたくさんそろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ナチュラル イタリアン nish[ニッシュ]

「ナポリ料理はいかがですかぁ?」 店の前でイタリア人らしきシニョーリが、道行く人に声をかける。 興味をそそられ立ち止まってみたものの、ランチ1,900円では予算オーバー! サングラスで隠れた目元のかわりに、口元スマイルをおじさんに返し 「ごめんよ、また今度くるわチャオ」の言葉に代えた。 今日は快晴。久…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

謎の文字、已己巳己(いこみき)

一瞬わが目をうたがった。ついに老眼かぁ? 雑誌を読んでいて、文字がやけにダブって見える   そこには中華風のふすま格子みたいな 昔なつかしいラーメンどんぶりの模様のような 不思議な文字が並んでいた タイ(ทยอย่)やミャンマー文字などの雰囲気もあり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

実録・職務質問ショック

「俺って人相悪い?」悲しげに、しかめっ面でヤツは聞いてきた。 「おえぇ~?ぜんぜん悪くなんかないよ、うん。 良くもないけど・・・」 先日、新宿を歩いていたU人は、警官から職務質問を受けたらしく ひどく憤慨して話す 「あの、あの新宿だよオイッ あの人ごみの中…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more