テーマ:美術

ジム・トンプソンハウス博物館

  謎の失踪 をとげたタイのシルク王の家は   「ジム・トンプソンの家」として一般に開放されている。      10年ほど前に訪れたとき、そんなに大きくはない敷地の前には      みやげ物や骨董品モドキを扱った、粗末な店が一軒あった。            ところが、正面にはりっぱな門がシッカリ出来ているし    …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ファンタスティック!な映像美 「ashe and snow」

静と動、天然と人工、人間と動物が織り成すコラボアートを感じるままに・・・ そんなキャッチコピーをつけてあげたい「ashe and snow」 セピアや琥珀色で映し出される、なんとも幻想的な情景の数々 デジタル加工や合成はいっさい使わず、映像と写真でどうしてここまでできたのか? 象に踏み潰されたり、ハイエナやチータに襲われる事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画ダ・ヴィンチコードを楽しむなら

毎月1日は映画の日、千円で鑑賞できる日! ずーーーと前から何が何でもそういう日!と思っていた。 念願の「ダ・ヴィンチコード」を見る日がやって来た! ネットで上映時間を確認した後、喜び勇んでダイスのTOHOシネマズに! チケット売り場で「2枚ください」と大枚2千円をだすが、 背筋が凍りつくような言葉が、耳から心臓へつき刺さる †…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

ゆる巻きヘアー!若き日のダ・ヴィンチ

デューラーとティツィアーノに挟まれたレオナルドの肖像画! ダ・ヴィンチの顔といえば、おそらく晩年の自画像(セピア色のデッサン)であろう 苦悩に満ちた表情の老人を思い浮かべるが、若いとき(?)は意外に端整なのでびっくり! 最初はどこかの貴族か、王族のひとりかと思ったほど 図書館で借りてきた本(アレッサンドロ・ヴェッツォシ著…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャパネスクアートgoods

美術館では、展示した絵の何点かを ポストカードをはじめ、トートバックや皿 手帳などに印刷し販売している よく買うのはクリアファイルケース、書類や資料を 分類するのに自宅や会社で使え、なによりリーズナブル 美術館のショップでは 絵のランクや材質にもよるのかもしれないが A4サイズ1枚で¥250~¥350ぐらい …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GOGO!トリトン

WAOO! キリストや聖人、天使や女神が昇天していくシーンをおもわせる 教会の天井絵のよう!!! GWに出かけた 東京メトロ大江戸線「勝どき」駅、改札付近の壁画 去年秋に来たときには、なかったような気がする 海と融合する街「晴美」 ほら貝を吹くギリシャ神話のトリトンを中心に 運河の底からであろう視線は、川面へ浮…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プラド美術館展に癒される

ティツィアーノ、エル・グレコ、ルーベンス、ベラスケス、ムリーリョ、そしてゴヤ スペインの誇り、巨匠たちの殿堂「プラド美術館」から81点の名画がやってきた!   上野公園は、平日の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more