テーマ:グルメ

マウントバーム食えへん

 ナンだナンだ?!  銀座松坂屋の前には30人ほどの行列  9月にオープンした「ねんりん家」  バームクーヘンが美味しい店らしい。    せっかくだからと、カミサンが並んでみたが  なかなかカウンターまでたどりつけない 建物の外で待つこと30分  冷たい風が吹くさ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ファロ」資生堂

"銀座で一番空に近い場所"とうたわれたレストランは、 赤がおしゃれな資生堂ビルの10階にあった。 「ファロ」はイタリア語で、灯台という意味らしい カプセルのようなエレベータをおりるとクローク 左側に、淡いグリーンを基調とした天井の高い空間が広がる 窓も広く大きい、銀座の街の二方…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京の空と食が楽しい

丸ビル最上階、ブリーズ・オブ・トウキョウ 36階からのグッドビュー 眼下に見えるは東京駅 昼の雰囲気はカジュアルシック、特別席は2面ガラス張りで海も望める見晴らしの良さ!夜景はさぞ素晴らしいでしょう! …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

安心はおいしい!

素朴でほのぼのレトロながら 赤がきいてるパッケージデザイン 見るからに安心できそう! 国内産小麦粉・奄美産ウコン100%使用の カレー・ルウは「大地」製品 味はこれからのお楽しみ 人気blogランキン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

霧笛楼ランチ

グラスワインを注文し、ボトルからワインを注がれている時、 「もっと、もっと」とココロでつぶやく。 気取った店では、底から数センチで止められ 「エ~もう終わり?これっぽっち!」と不満に思う。 んん~そうそう、まったくそのとおり! 前夜見たTV番組は、出演者同士でどれだけ共感を得ら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アルテリーベではっぴばうすでい

初めて乗ったみなとみらい線 目的地のレストラン「アルテリーベ」は「日本大通り」駅近くにある 地上に出ると、うだるような暑さ 真上から降り注ぐ日差しは、鬼のようにギンギンと肌を刺す 紫外線嫌いのカミサンのあとに続き、熱射攻撃を避けて移動 建物にへばりついた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ホップステップ魚金グー!

とベタなタイトルご勘弁 新鮮な魚介類&地酒とワインに自信アリの「魚金」! 新橋は烏森口に4店舗もある人気店だ 立ち飲み風の飲み屋が多く立ち並び サラリーマンやOLでごった返す一帯を通りぬけると 公園近くに「魚金4号店」がある 生牡蠣じゅるるに生ビアごっくん 刺身に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タンドーリのランチセット

こじんまりした店を想像していたが 思ったより広い空間 色彩豊かなインドの神様や、濃いめ美人のポスターが壁を飾り インドの映画かドラマがモニターから流れている 「タンドーリ」とは壷型のかまどのこと 平日のランチタイム真っ只中 自由業…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

インカの塩

北アメリカには、いまのところまっっっっっっっったく興味はないが、 中央アメリカ・南アメリカ大陸はすご~く惹かれる魅力的な土地! いつになったら行けるのだろうか・・・? 土産にもらったインカの塩 まだ味わっていないが、アンデスの太陽をいっぱい浴びた マラス塩田生まれの塩は、ミネラルがたっぷりで 身体に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ちゃちゃっとタイフェスティバル

うぉ~さむっ 風薫る5月でも、油断した頃に寒波が戻ってくる。 代々木公園で行われた恒例のタイフェスティバル 二日目の日曜に出かけていったが、あいにくの冷たい雨に気温も低い 南国タイ を感じるはずが寒さに震えてしまった 寒さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

魚米(うおぅべい)かっ?!

は、やや古かったが、 お店自体は、数ヶ月前にできたばかりの「魚米」。 魚料理に自信があるのか、 桶に魚を入れて席まで行商(?)にくるシステムで、 店員さんの愛想は良く、ユニフォームはなぜか浴衣 しかも、ミニバージョン ひざまづいてオーダーをとるときには、ヒザ上まで露出となる これにクラッ ときて、頼んでしまうと後が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花より団子な「魚八」でぃ!

火曜の夜は、サラリーマンの聖地新橋へ  地下一階へ続く階段を下りていくと、 ガラス格子の仕切りと引き戸があり、店内は丸見え。 こじんまりした居酒屋かと思っていたので、 目の前の光景に、少し圧倒されてしまう   …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

去れば去るときサルー!

旅立ちの季節 新しく人生のスタートをきる人達を、 うらやましくも思う今日この頃。 「サルー」はスペイン語で「乾杯(の掛け声)」。 もともとは「健康」や「幸福」という意味らしく、 みんなの健康と幸福を祈って乾ぱ~い!!!ということになる 横浜はビブレの近く「ふうふう」の 板張…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

えんもたけなわ(高輪)プリンスホテル

すでに「死語の世界」に入っているであろう、このフレーズ 東京エリア限定の、自然発生型オヤジギャグだったのか? お笑い芸人のモチネタだったのか?知る由もない。 「たけなわ」は「酣」 一番盛り上がった時や、最盛期をすぎ衰え始めた頃をいうらしい 昔むかしのその昔、会社の忘年会などで 幹事から、よく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あずきづくし

ここのところ小豆ものにナゼか縁があり、 毎日のように口にする機会がある。 ケーキもうまいが、和菓子もよかばい! 末広亭の最中。釣り鐘型(左)、おっぱい型ではなく鈴型(右)は直径2.5センチくらいだが、一個90円と驚きのプライス カミさんが取り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ほのかでだっさい

 「焼酎ダイニングほのか」で祝杯    ビールを飲み干した後、  この日の主役が店員に発した言葉は  「だっさいくださ~い!」・・・だっ?ダッサい???  ナに ソれ?  聞きなれないヘンテコな名前  野菜の煮物?漬物か・・・?  後日調査してみると、なぁんとナント  カワウソの祭りと書い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小田原漫遊記

     第3回のオヤジ飲みしよう会は  小田原駅4時集合!    前々回の失敗を教訓に、絶っ対ぜったい  電車のあるうちに帰ろうぜ!  と誓ったはずが、結局またまた朝帰り  どーにもこーにも、だらしのないオッサン達であった   ふだんは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バンコク探検メモ②

通りの名はPETCHBURIと書いてペチャブリーまたはペップリーとおもしろい発音 今回のサービスアパートメント「センターポイント」はこの通りの近くに建つ。 25階の部屋のベランダからは、そびえるタワーホテルが見える ■ミニマートにつながっていたり、小さいながらプールもある フィットネスルームは、リフレッシュ感を誘うアロマが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イタリアン Lou-Lou (ルウルウ)

鉢植えの植物とイーゼルにかけられた メニューボードが道行く人を誘う 「イタリアン食堂」といった店構えのルウルウ。 夜に何回か来たことがあったが、ランチは初めて でも、期待は裏切らない店であった~ 平日なので、昼食時をさけ1時過ぎに入店 サラリーマンやOLがはけた店内は …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

椿(TUBAKI)にわかば

そばとお酒がうまい蕎麦酒屋「椿」。 2年ぶりに入ってみたが、 ヤングなサラリーマンがワイワイやっちょる! 昔はジャズっぽい曲が流れ 落ち着いた雰囲気の店だったのに・・・ 空いていたのは、6人掛けくらいの大きめどっしりテーブル ベンチシートに3人で腰をおろすが YAHHO~!トイメンに座った…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ついに体験!立ち飲み酒場石田商店へ

昭和レトロの雰囲気ただよう外観&内装、 カウンター周りには酒瓶が飾られ、 壁にかかる数点の大きな絵(なぜか浮世絵の人物画?)が目を引く いつも前を通るたびに、つい中を覗いてしまう 特に暑かった夏 は、扉を開けっ放しのオープンエア ゴクゴクとビールを飲む姿は うらやましく思えたもの …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

誕生日ディナーを家で作るの巻

めったに料理は作らない(作れない) 昼間一人の時、たま~にカレーぐらいは作るが 結婚して十何年、いまだかって晩飯なんぞの仕度をしたことは、 自慢じゃないが一度もな~い カミサンのたっての願いは 日中働きながら、朝晩の食事の仕度もするので 「一度でいいから家にシェフが来て、コース料理みたいに 次々…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

隠れ家フレンチ・オハラス

五反田駅から大崎方面へ。 歩道橋をものすごーく低くしたような橋がかかった川を渡り、 事務所が入った低中層ビルが建ち並ぶ一帯を歩いていると、 シマシマのサンシェードと壁面のロゴが現れる。 地下へ降りるとフランス人(?)のマダムが迎えてくれた 外国人の登場になぜか緊張してしまい 「ボンジュール」なんぞ言うべきかっ?と一瞬迷っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チャオタイでトムヤムクンラーメン

世界三大スープの一つトムヤムクン。 一口のめば HOT!HOT!HOT!HOT! (と、今は落ち着いた藤井隆が、踊りながら叫んでいた昔がなつかしい) そんな風に、喉と口がヒリヒリ焼ける タイ旅行で最初に食べた時は、辛さと雑巾(?)のような味に参った! なのに、その後もタイへ行った際に…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

人気のピッツァ!トラットリア・オ・プレチェネッラ

と、舌を噛みそうな名前 横浜では美味しいと有名なイタリアンレストラン 人気店とあって予約しないと、確実にランチにありつけない 横浜駅から、以前ハマボウルのあった建物を通り越し、川沿いを十数分 繁華街からはずれてはいるが、飛び込み客もメニメニィ多く 断られて帰っていくカッ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

沖縄魂

うちなーぬまぶい? おきなわソウル? りゅうきゅうだましい? おきなわだましい? 読み方、読ませ方はいろいろ ●Photo by H.Niizeki    その 沖縄魂 がギンギンに伝わってくるお店 新橋はSL広場近くのビル 記憶が途切れ途切れなので、名前は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「隠れ野新橋店はなれ」でイミナシ会

活気に満ち溢れた街、新橋。 特に給料日後の金曜の夜は、ひと・ヒト・人でごった返す。 明日から休みというサラリーマンやOLなど、 仕事から解き放たれた人々の表情や仕草に、その人なりの ドラマを垣間見ることもでき、人間ウォッチングをしても楽しい! これから仲間と飲もう!と嬉々と輝く瞳 {%orz_a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四季亭「秋の膳」

横浜ロイヤルパークホテルの68階、 「四季亭」での誕生日を祝う食事会に参加。 大きな窓からはナイスビュー!山下公園やベイブリッジ、みなとみらいが一望でき、 眼下にはコンチネンタルホテルやコスモワールドが小さく見える・・・ うす曇りの天気で、遠くはかすんでいるが 横浜から鶴…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ランチはフレンチ「アリアッチ」 

ARIA.Cと書いて「アリアッチ」 「ラ チッタデッラ」のビバーチェ1階に8月頃オープンした フレンチカジュアルなお店 開放的なオープンテラスに白いサンシェードが目を引く 日曜日なのでランチメニューは高めの1,000円以上! メインの肉と冷たいかぼちゃのスープ(デミタスカップサイ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

焼酎ダイニングほのかでランチ

古びた木材に土壁風の外壁、 その上部は緑色に苔むしたような感じに仕上げてある。 パッと見、廃墟とか焼け跡を思わせるが、 古民家の納屋風(?)のちょっと変わった店構え 川崎仲見世通り、以前から気になっていた風変わりな建物 「焼酎ダイニングほのか」の日替わりランチは コーンクリームハンバーグ、刺身、大根の煮物 味噌汁。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more