テーマ:言葉

サポーター講座修了

今年の収穫はこれ! 文化庁の委託事業によりNPO「日本語教育研究所」が主催した講座 毎週日曜2時間の無料講座だが、講師陣は多彩、中身も充実! ひょんなことがきっかけで申し込んだ 「日本語で働く外国人のためのサポーター養成講座」(長~い) 8月~12月落伍することなく無事修了
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不合格

合否発表をWEBで確認。 2回目のチャレンジも、ぶぅーーー世の中甘くない! 今までの苦労はどこ行った 受験料6,000円×2もパー くやしぃぃぃぃ 今度は絶対とってやるぅ ここまで来たら 「戻る」ボタンのように 簡…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

島耕作語録マウスパッド

事務所の片隅、共有で使っているPC。 以前からあるノベルティっぽいマウスパッドを良く見ると、 島耕作!そしてなにやらお言葉が・・・ いやな仕事でえらくなるより 好きな仕事で犬のように働きたいさ 自分の得意分野だったり 生産性が高い領域のほうが、貢献度も高く充実感も得られるよね たとえ泥臭く立ち回ったとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超モダン神社はエールを贈る

渋谷のはずれ、代々木公園に程近い小道で、 神社への階段を発見!気にかかり寄って行こうか迷ったが、 時間もないので先を急ぐ。小高い神社の敷地を回りこむように 坂を上がりきると、今度は神社の裏側へつづく階段が出現 せっかくだからチョット見てみよっか・・・ 何かに誘われるように、緩やかな階段を上がってビックリ! 神社とは思えな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

詰めの甘さにもがいた「日本語検定」

まずい!朝起きると頭がど~んより 前夜の飲み会で、自制心が働かなかったようだ。 数ヵ月前から勉強してきた「日本語検定」の日、 詰めの甘さを嘆きながら会場に向かう。 検定は60分間、開始直後に開いた問題は1ページに4問程度。 字は大きく余白もたっぷり、小学校のテストみたいでホッとす…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「積極的孤独(ソリテュード)」的な

仕事の合間にトイレに立つ、 見慣れた事務所のなか、何か風景が違う?? 立ち止まり振り返るとギョエ! 頭からフードをスッポリかぶり、机に向かう約一名 誰かが風邪をこじらせ、ひざ掛けを肩から掛けたり マフラーを巻いて仕事をする光景は、たまに目にする チョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虎せていただきました

6月に受けた日本語検定。 自信はなかったが、ぎりぎり合格していたようだ なぜだか虎をモチーフにした不思議な認定証が届いた ムムム?一級はぜったい龍のような気がする 今度の検定日は11月、本日コンビニで手続き終了 一級の認定証は果たして龍のデザインなんだろうか? …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青のとばり

夕暮れ時、 静かにおりてきたのは、薄絹のようなとばり。 青みがかった空を包み込み、 暗闇が訪れるまでのしばらくの間、 幻想的な光景を見せてくれた。 「とばり」は 帳、戸張、帷、Night falls(夜の滝?)a curtain(カーテン) そして、忘れてはならない戸張捷(とばりしょう) まだゴルフ番組で解説をし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天まで上げる?天然ボケ(?)

絵に描いたような天然ボケを目の当たりにしたのは、40人ほどが集まる 新入社員の研修会場 講師役の一人として持ち時間を割り振ったり、 説明資料を何度も読み返しイメージトレーニングまでして臨んだが、 なかなか段取り通りにはいかないもの。 私のつたない説明が終わると、次はコンビを組んだ女子社員Sさんが受け…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私(わたし)的チャイナビ

「CHINAVI」 ANAからもらった  中国をナビゲーションするという、 わっかりやすいネーミングのミニガイドブック TBSで土曜よる10時前に5分間くらいやる旅行番組 「私(わたし)的チャイナビ」をたまに見るが そういえばANAがスポンサーだったか(?) 表紙はスッキリ空色 {%飛行機we…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢の500本聖火リレー

聖火リレーがいよいよ長野にやってくる。 海外での一連の報道を受け、沿道などに大勢の警察官を 配備し警備にあたるようだ。日本での騒動はなんとか避けたいもの、 和を尊ぶ国ならではの工夫はないものか? 妨害を避けるには衝突するばかりでなく、相手の意欲をそぐことで、 平和的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魚米(うおぅべい)かっ?!

は、やや古かったが、 お店自体は、数ヶ月前にできたばかりの「魚米」。 魚料理に自信があるのか、 桶に魚を入れて席まで行商(?)にくるシステムで、 店員さんの愛想は良く、ユニフォームはなぜか浴衣 しかも、ミニバージョン ひざまづいてオーダーをとるときには、ヒザ上まで露出となる これにクラッ ときて、頼んでしまうと後が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

去れば去るときサルー!

旅立ちの季節 新しく人生のスタートをきる人達を、 うらやましくも思う今日この頃。 「サルー」はスペイン語で「乾杯(の掛け声)」。 もともとは「健康」や「幸福」という意味らしく、 みんなの健康と幸福を祈って乾ぱ~い!!!ということになる 横浜はビブレの近く「ふうふう」の 板張…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

消えたウルトラマン

新聞によると 三省堂の国語辞典から「ウルトラマン」他 100語程度が消えるらしい。 気に入っていたウルトラマンのテンプレートも このウェブリブログから消えた。なんてこったい・・・ 辞典から削除される言葉として 忙しい人をさす「おいそがし」 遅れず休まず働かずというサラリーマンの処世術「三ず主義」など 使われなくな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ドラマのNG集に「ノーグーッ!」

TVでたまにやるNG集は笑える が、えぇぇぇこんな細かいトコまでNG? と感じることは少なくない。 ささいな台詞の間違えを、何度もやり直すが 結果そんなに変わっちゃいない。 それこそNO GOOD!・・・なぜなら 世の中に つっかえないで、すらすらしゃべってるヤツぁ 誰一人いなーい ニュー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

えんもたけなわ(高輪)プリンスホテル

すでに「死語の世界」に入っているであろう、このフレーズ 東京エリア限定の、自然発生型オヤジギャグだったのか? お笑い芸人のモチネタだったのか?知る由もない。 「たけなわ」は「酣」 一番盛り上がった時や、最盛期をすぎ衰え始めた頃をいうらしい 昔むかしのその昔、会社の忘年会などで 幹事から、よく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ロードオブザ日本語検定

世はまさに検定ブーム。以前からあるオーソドックスな ビジネスや語学系の検定に加え、ご当地検定や映画検定、 漫画検定、コーヒー検定 なべ検定、 そしてバカ検定や、あまのじゃく検定なんてのもあるようだ。 こういった検定ネタの一部は テレビ番組や雑誌記事、ネットやDSなどにバンバン使われている 意外に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ほのかでだっさい

 「焼酎ダイニングほのか」で祝杯    ビールを飲み干した後、  この日の主役が店員に発した言葉は  「だっさいくださ~い!」・・・だっ?ダッサい???  ナに ソれ?  聞きなれないヘンテコな名前  野菜の煮物?漬物か・・・?  後日調査してみると、なぁんとナント  カワウソの祭りと書い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寒波襲来のこころがまえ

なにも咲かない寒い日は         下へ下へと根を伸ばせ                  やがて大きな花が咲く シドニーオリンピックで、金メダリストにまでなった高橋尚子選手を支えた言葉 高校時代にもらった、陸上部監督からのメッセージ らしいが オリジナルは誰なんだろう? 結果…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オジサンの法則①

残業も夜9時をまわり、帰り間際にⅠ氏に話しかける くわ~ぁ、つかれたねぇ おれらもう、今日はあれだよねアレ、ほれアレ (菅野美穂の顔は浮かんでるのに・・・) え^^と、なんだっけアレ おおぁ!あれだよ、そう! 「仕事マン」 菅野美穂がなんかTVでや…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

失くしたものを呼びもどす

豊かになったことで、 失くしていったものがある。 街に暮らすことで、 忘れてしまったものがある。 風の温かさ 雨の優しさ 季節が語る言葉たち スポーツで疲れてみる 失くしたものを呼び戻すために からっぽの心にしか、自然の唄は聴こえない        
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

蒲田カレーカーニバルへGo!

集中豪雨の時には、浸水しそうな半地下のフロアへ下りると、 木のきしむ音が心地よいウッディフロア。 真っ赤なイスに、いい感じで塗装のはげたテーブル、 70年代風アメリカ のPOPなイラストや雑貨が 迎えてくれる。 TVモニターでは白黒のバットマン が悪人と戦っている 。。。ロビンはブ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そら豆にはずかしめられた夜

昨日のランチはモッツアレラチーズと空豆のパスタ そういえば数年前、「空豆」で顔が真っ赤になるほど 恥ずかしい思いをした U人数人と料理屋さんで待ち合わせ だいぶ早く着いてしまったので、一人で座敷にあがり待つことに 仕入れた情報では、そこは普通の居酒屋などにはない 珍しいメニューがたくさんそろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

謎の文字、已己巳己(いこみき)

一瞬わが目をうたがった。ついに老眼かぁ? 雑誌を読んでいて、文字がやけにダブって見える   そこには中華風のふすま格子みたいな 昔なつかしいラーメンどんぶりの模様のような 不思議な文字が並んでいた タイ(ทยอย่)やミャンマー文字などの雰囲気もあり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

人生にある三つの坂

研修や修行を終えた新人達が、次々と現場デビューしていく。 これからの人生、「のぼり坂」もあれば「くだり坂」もあるだろう。 しんどい時もあるこのアップダウンは、考えようによっちゃあ十分楽しむこともできる。 がんばる人に幸あれ 仕事のからみで、某有名人材ビジネス関連の会社に電話をする 「○○様大変…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神様と奴隷

「お客様は神様です」遠い昔、三波春夫が言い放った言葉は、 日本人の意識のなかに今も根強く残っているのか・・・? 今の自分があるのもお客さまのおかげ! いつも感謝し、もっと楽しんでいただけるよう 頑張って歌いますっという気持ちを誇大表現した ホテル、デパート、レストランや小売店…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャズが流れる語らい処「坐・和民」

川崎信用金庫の近く、セブンイレブンの入ったビルの2階。 最近できた---語らい処「坐・和民」は、ネーミングからすると 大人の雰囲気が漂う和風の居酒屋・・・? 海鮮処、焼肉居酒屋、ファミレス風、有機食材など、料理の特色を打ち出しながら 若者ワイワイ、家族団…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

横浜関内「エルミタージュ」の二つの謎

エルミタージュと聞くと、 いま一番訪れたみたい街・サンクトペテルブルグにある美術館を連想する。 「ロシアの宮廷料理」のお店!?とか思ってしまう無知無知男は、 フランス国旗の看板に首をかしげながら、地階への階段を下りていった。 エルミタージュは【HERMITAGE】 「隠れ家」とか「隠れの間」の意味を持つフランス語と聞き納…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

古蔵(こぞう)のカーテン個室

ゆったりソファのリビング感覚で飲める店「古蔵」に、 カーテン個室が登場!面白そうなので半年ぶりに行ってみた・・・ まったりと話もでき激論も交わし、食事の途中テーブルと床に炎が広がる ハプニングもあったりの・・・メリハリのきいた4時間を過ごした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more