テーマ:

なかなかこげない「こげ屋」でえぇんかい

仲見世通り、赤っぽい扉の善光寺の前「こげ屋」で宴会。 22種類のお好み焼きと、23種類のもんじゃが食い放題、 しかもサラダ付き!そして飲み放題でニッキュッパはお得 とにかく食い放題なので、値段が高めのモノから頼み放…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

マハラジャビール

タイのビールのような、濃厚さはなく日本のビールに近い味。 いろいろあって、忘年会も突如欠席、インド・ネパール料理の 「マハル」で遅~い(9時)晩御飯をとる。 マハラジャビールと、チャパティをうすくしたような辛いあげせんべいはすぐ来たが、 本体は30分遅れでやってきた。 お店の中は現…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ラゾーナ川崎、そばと地酒を楽しむ

「ヘぎそば?」聞いた事があるような、ないような・・・何か特別な日に食べるものらしい。 ささやかな祝宴も兼ねた‘飲み’には、丁度よかったのかも・・? 休日前のラゾーナ川崎、4階レストランフロアは混み混み! この時期予約も容易ではない、コジャレた(?)お店はどこもいっぱいで、 料理堪能型に切り替え、渋いところで越後料理「叶家」さんを…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

リピーター宣言!ペルー料理インティライミ(太陽の祭り)

ちょっと食べるのをはばかってしまう(?)ペルー料理。 川崎西口にあるお店は以前から知っていて、 うわさでは美味しい!。。と聞いていたのに 今度入ってみようね。。でいつもおあずけになっていた。 最近は人気グルメブログやTVでとりあげられるなど、がんばってんなぁ~。。。 と思っていた矢先、その味を確かめる機会がタイミングよくや…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

オーガニックな酒と和食/楽しむ人・醸す人

身体のなかに入れるもの、どうせなら害の少ない 自然なものでありたい!空気もそうだが、水や食物・・・ できるものなら、わが国ニッポンの、そして生産者の顔が見えるもの そんな理由と諸事情もあり、食品の宅配業者を何社か試してみた その中で、考え方や活動、シ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

〔ショコラ №7〕チョコレートビール

まるで高級化粧品か、陶磁器の入れ物のような黒い箱 〔SHIMANE BEER〕のロゴが入ったラベルが貼られ 金の糸ゴムのようなもので、くくられている 中にはこれまたシックなデザイン! 300mlのスタイリッシュな小瓶が収まっていた 〔ショコラ №7…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

沖縄料理あしびなー

〔あしびなー〕芝居や行事などの催しで、人が集まる空間とか場所の意味らしい 昨日の晩は、ミューザ川崎1Fにある、沖縄料理のお店で一杯! おきまりの生ビール1杯の後は。。ちょっと変わったものをと 黒糖焼酎「れんと」というヤツを頼んだ 「25°なんで水で割らなくても大丈夫ですよ」 ・・・(他には30°35°40°MAX43°) …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

イスラミックビールで我慢の巻 / イランイスラム共和国

  待ちに待った冬休みの旅行、去年の上海も気温0度で震えたが、今回零下7度のイランへ遠征!   寒さがしんしんとしみてくる体とは逆に、見たことも聞いたこともない物や話に出会い、   心はワクワクホカホカ、古都ペルシャを満喫できた8日間だった   29日昼1時ごろ、イラン航空で成田を出発   4時間で北京、そこで1時間待ち、そ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

うかつに酔えんゾ、小火と書いてボヤ寸前

このあいだの日曜日は、川崎のとある小料理屋に 葡萄好きな皆さんが集まり忘年会。 8人くらいの座敷とカウンター席に12人ぐらいで丁度 貸切満員! 陣取ったカウンター席には料理やお酒がぎっしり うれしくもあったが、若干狭い感じが・・・ 飲んでる途中で、手前にあるなべの向こう側に空間を発見! コンロの上で煮えるのを待つな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイで唯一の地ビール〔プーケットビール〕

いただき物のタイビール、右はメジャーなシンハー 左はプーケットラガービール! いやー実は、はじめてお目にかかりました。 タイに行っても、Tシャツのデザインでおなじみの、 ビア・チャン(象)かシンハー(ライオン) を注文することがほとんど 1999年にプーケットで誕生、 2003年5月に日本初上陸のこのビール、 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

古式有機原酒〔なゝこ(七古)〕

鹿児島県の芋焼酎、なっなんと720mlで1万円 ^^; 違いの分かる本物志向の皆さんにぜひ飲んでもらいたい こだわりの一本を…との杜氏の思いがぎゅうっと 詰まった「なゝこ」。 -----と造った人の思いを伝えるキャッチコピーがHPにあり 。。。へぇ杜さんという人が社長なんだ。。。 なんか違うと思いつつも、他の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more