1500PV突破記念 / 路面展・ふまれたかき鉄面美の世界

                         雨にうたれ風にさらされ

        夏には灼熱の太陽に焼かれ 冬には凍てつく寒さに震える

               車にひかれては 人に踏みつけられる

          つばをはきかけられ オシッコにまみれた夜もある・・・

     それでも泣き言ひとつ言わず耐えしのび 与えられた運命をまっとうする

          鉄面皮でありながら 力強くも気高い美しさを醸し出す

                 そんなあなたをここに称えまする


〔鉄面皮〕鉄でできた面(つら)の皮の意。恥を恥と思わないこと。厚かましいこと。また、そのさま。そのような人をもいう。


                        【路面展・ふまれたかき鉄面美の世界】
画像

↑↓市民の花「つつじ」と市民の木「つばき」& ↑上部中央は大正14年に決まった川崎市の市章。この図柄の「川」は単に川崎の川という文字を表すだけでなく、市民の歴史とともに流れ続ける多摩川と、それと同じように発展する「川崎」を象徴。

画像

↑めずらしや、カラーバージョン!シンボルマークの顔は「魅力と活力あふれる街をめざす川崎」を表したもの。緑色の目が「自然とやすらぎ」、青色の鼻が「水とうるおい」、赤色の目が「情熱と芸術」、黄色の口が「温かいハート」をイメージ。



画像

                  ↑切り株のよう?まさに年輪をかさね渋みを増しています。



画像

↑東京都もののひとつ。普通のマンホールより蓋まわり え~二回りほど大きく、表面はかなり磨り減ってます。コインやライターを落としたら、のみ込まれるくらいのアナがあいてます



画像
 
              ↑こんなのもあります。普通の丸蓋バージョンも近くに点在してました。



画像

↑2004年1月、スペインはバルセロナの街角で撮影----といってもイイようなデザイン。雄牛がビシッと引き締めてます



画像

↑小犬がほえるコーナー?何かの略ですが、なぜかわいい系の書体を使ったのかが気になる所です。一部鉄面もの


こちらへもドーゾ⇒人気blogランキングへ


路上の芸術―マンホールの考察、およびその蓋の鑑賞

この記事へのコメント

ミモザ
2006年05月07日 07:22
お早うございます!
雨になりました~
もう一度じっくり見させて頂いています。
写真&説明といいミモザよりず~と素晴らしいです。
マンホールの蓋のどれも個性が光っていますね。
よい1日を!(^^)!
uogokoro
2006年05月07日 11:26
おはようございます
こちらは、予報では朝から雨ですが、まだのようです
路面のタイルも観察していましたが、
とりあげるほどの物はありませんでした。

この記事へのトラックバック