スパイス曼荼羅・ネパールカレー

ネパールの宗教はヒンドゥー教、なんのつながりもないが
数種類の香ばしいスパイス(マサラ)をかき混ぜる前に
チベット仏教の砂曼荼羅(まんだら)風に積み上げてみた
。。本物には程遠いが。。
カレーの味は上最高、バツグンの仕上がり!

今回は、レシピに忠実に、そして丁寧に作ってみた
その甲斐があったようだ

画像















〔ターメリック〕 胃腸の調整作用や、殺菌効果あり。日本名ウコン。
〔 ク ミ ン 〕 食欲を湧かせます。腹痛や消化が悪い時、効果があり。
〔コリアンダー〕 味わいを出すスパイスで「とろみ」を出す役割も。
〔 ガーリック 〕 脂肪の代謝を助け身体を温め、体力を付ける。にんにく。
〔 ジンジャー 〕 消化力を強め、身体を温める。日本名しょうが。
〔 チ リ 〕 唐辛子。刺激が強いので注意!!お好みで量を調整。
      袋に辛さと量の目安が表記
〔 塩 〕 白いのはソルト、大さじ1杯

美容にも健康にも効果絶大 なマサラを、砂曼荼羅を崩すように混ぜておく

〔ガラムマサラ〕数種類のスパイスを調合した仕上げに使う重要なスパイス。
          他のマサラと混ぜないで、これだけは最後に使う


画像















↑うすくスライスした玉ねぎを茶色になるまでじっくりいためる
ここがポイントらしい
角切りのトマトをくわえ、さらに炒めペースト状に


画像















↑まぜまぜしといたマサラを入れ、鶏肉、500CCの水を入れひたすら煮る
 にんじん・ジャガイモなど野菜投入のタイミングや、煮る時間はレシピどおりに
 ガラムマサラは仕上げに入れる


画像















↑手際がわるいため、所要時間は1時間ちょっと
トマトをやや多めに入れると、酸っぱいシーでジューシィー!

今回チリは1/3くらいを使用
それでも、中辛強くらい?唇や舌の感覚が麻痺するような
下劣な辛さではなく、透明な鼻水がスゥーとたれて来る品の良い(?)辛さ

ジャガイモがしっかり原型を保っていたが、ちょっと崩れるほどが良かったかも
まっ、テイストグッド!でした



〔ネパールカレー・チキンマサラ〕
4皿分×2セット 504円 フェアトレード商品

画像












チキンマサラ初挑戦


人気blogランキングへGO!











図説・マンダラの基礎知識―密教宇宙の構造と儀礼

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • スパイスで夏バテ解消☆

    Excerpt: たった400円で本格的なスパイシーカレー「ナスと挽き肉のカレー」が4~6人分作れてしまうんです!その販売元とは… Haruです、TBさせていただきました。おいしそうですね( ̄ー, ̄*)ジュル。!.. Weblog: 東京散歩 Haru's Room racked: 2006-09-02 12:05