3.11帰宅難民

とんでもないことが起こった。突然はじまった地震!
ダッタン、ダッタン、ダッタン、ダッタッタッタッタ
視界には右に左に揺れを繰り返す事務所が。。。

同僚二人と訪問先での打ち合わせを終え
エレベーターのボタンを押し待っていると
突然激しい横揺れに見舞われた

ゆれ始めて間もなくエレベータが6階に到着し
中から女性が飛び出す 間一髪!閉じ込められずに済んだ!

立っているのもやっと、壁に手をつき身体を支える
容赦なく揺さぶりをかけ、なかなか納まる気配がない
「もしかしたら・・・ここで」不安がよぎる

一端弱まりホッとするが、さらに何回もぶり返す執拗さ
こんな悪辣きわまりない地震は初めて体験する

落ち着いた頃、6階から非常階段ですばやく地上へ
なんと!ビルの1、2階の壁面には亀裂が!

近くのファミレスに退避、携帯は不通、鉄道もストップ
ワンセグのニュースで情報を得る、東北地方は甚大な被害のようだ
(災害で亡くなられた方も多数!ご冥福を祈ります)

JRも地下鉄も復旧の見込みはなし、飯田橋を17時半に出発(歩きと車)
途中、目にしたのは、パニック映画ではなくまぎれもない現実
都心の道路は車で埋まり、歩道にはひたすら歩く帰宅難民の群れ
首都の機能がここまでマヒするとは!?

3人はヘロヘロになりながら、なんとか新橋へ到着
一人だったら途方にくれていたかも・・・
事務所にたどりついたのは、すでに22時をまわった頃
結局、家には帰れず、余震のなかイスを並べたベッドで休む
コシが痛い・・・

交通マヒの影響は、翌日午前中まで続いていた



飯田橋駅で「今日は復旧しません」と宣告を受ける    翌朝、泉岳寺→品川は不通 人で溢れる通路 一触即発
画像画像


















やっと地上へ、泉岳寺駅入り口の長~い行列を尻目に品川駅へ向かう
画像



















"3.11帰宅難民" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント