テーマ:旅行

"桃源境"ミャンマーのゆらぎ

まさに桃源境!?!のような風景。 仏教国ミャンマーの街角は、遠~い昔に夢で見たような不思議な世界?! 道は大理石、竜宮城のような建物や黄金色の塔が立ち並ぶ 人々は寺院でのお祈りを欠かさず、つつましく心やすらかに暮らす・・・ 情勢不安で揺れに揺れているビルマ(ミャンマー) 変われるものなら、こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

超新鮮!フルーツパラダイス

アパートメントでの朝食用に食料を買いに出る。 デパート地下の食料品売り場には、 見た事もない南国系の果物が、ところ狭しと並んでいた 朝食風景↓驚くほど安いので、フルーツは色々楽しめる   無数の房をほじって口に運ぶ↓種の周りの甘い果肉をすする …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タイ飯とタイ名刺

ネットで事前に情報収集し、目星をつけておいた タイメ(イ)シ屋を中途半端にセレクション どこもはずれはない!がプリック(青い唐辛子)には要注意だべし! ↓「ティダイーサーン」ビクトリーモニュメント駅から3分くらい 日本語でも書いてある看板を見逃し、通り過ぎて帰ってきて30分も歩く 腹が減って丁度…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

メトロに乗って。センサー万別

スカイトレインで乗車カードを買うには、 初めてだと、手順がややこしく改札を通るタイミングも難しい。 今回もどでかい腰を改札で挟まれている 欧米系外国人をよく見かけたが、 メトロはどんな乗り方なのか?ワクワクする スカイトレイ(BTS)アソーク駅から、地下鉄(MRT)のスクンビット駅に乗り換え きれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジム・トンプソンハウス博物館

  謎の失踪 をとげたタイのシルク王の家は   「ジム・トンプソンの家」として一般に開放されている。      10年ほど前に訪れたとき、そんなに大きくはない敷地の前には      みやげ物や骨董品モドキを扱った、粗末な店が一軒あった。            ところが、正面にはりっぱな門がシッカリ出来ているし    …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

脱力気味で巨大マーケットを楽しむ

朝10時、BTSの終点モーチット駅から 土・日しかやっていないウィークエンドマーケットへ! お目当ては一緒、降り立った人達は一斉に同じ方向へ歩き出す すんゴク安いので外国人観光客も多い 服、雑貨、靴、インテリア、装飾品、骨董品や植木など ありとあらゆるものが、そろっている巨大市場 土・日しかオープ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ぶっとぶグッドビュー、ゴダイゴな巨大魚

今回の本拠地はBTSラチャティウィ駅から3分、 エバーグリーンプレース・サービスアパートメント。 5泊6日の非日常的生活にどっぷりこんと浸る 19階のバルコニーから中心街サイアムエリアを望む。左端の大きな建物は、超豪華デパートメント「サイアムパラゴン」  高層ビルとスラム街が混在する、近未来…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

熱タイの極うまアイス

熱帯の日中は暑さもきびしいが、嫌いじゃない ムシムシ汗ダク うだるような暑さの日本よりはマシ 灼熱のバンコク BTSのプルンチット駅から中心街をテクテク歩き、人気のレストランへ 場所は見つかったが、なんと今日はクローズド ひたすら歩き来た道を、ひたすら引き返す …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日タイ修好120周年!頑張るタイフェスティバル

原宿駅から10分、代々木公園イベント広場で毎年開かれている 「タイフェスティバル」に初めて潜入 人の波にもまれたり、屋台に並ぶのは避けたい気分、 開場の10時には、ばっちりゲートに到着していた!  おなじみのトゥクトゥク  想像していたほど広大な…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

ジムトンプソン100周年T

タイのシルク王ジムトンプソンが誕生してから100年 バンコクで購入した記念Tシャツは、昔のマッチにありそうなデザインですんごいレトロ! 謎の失踪で行方不明となった彼の家は「ジム・トンプソンの家」として一般に開放されている。 10年ほどまえに訪れたが、ちょっとした水路が家の裏側を流れ、 板…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

サワディー・プロジェクト

昨年9月にオープンしたバンコクの新国際空港「スワンナプーム」 タイの入国管理局の調査によると、利用者の30%が、 イミグレーションなどの入管職員の仕事の遅さと、 無愛想な態度に不満を示したらしい。 たしかに、思いおこせば渡タイ十数回、入国審査はちょっと怖い雰囲気だったし 出国する際に、女性職員の態度…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

サイアムパラゴン

サイアムディスカバリーから、サイアムセンターをぬけると ものすごいゴージャスなショッピングセンターができていた。 タイの超高級デパートメント「サイアムパラゴン」 入り口を入ると、滝が流れ、植物が生い茂る(?)すごい状態!! 巨大すぎて、全容が把握できない フロアを電気カートが走っているのにはビックリしたが 疲れて歩けなく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

癒される灯りは天然素材?

脳みそ!じゃありませんぜ。 バンコクはサイアムセンター隣、サイアムディスカバリー アロマや化粧水、ハーブなど癒しグッズのお店「HARNN」 大量の繭(もどき?)を針金でつなぎ合わせ、天井からつるしている お店の雰囲気にぴったりの照明でした お茶をご馳走してくれました 撮影OKをもらい「イズ ディス コクーン?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョコボールが並ぶおもしろ路線マップ

BTS スカイトレインが走るチットロム駅のホーム、 路線図らしき看板に目をやると、 チョコボールが並ぶ茶目っ気たっぷりな看板がソコに! have a break, have a kitkat. キットカットの小粒バージョン「Baby」?の広告・・・ タイの広告は、かなりブレイクスルー{%rocke…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

体調急変!息も絶え絶えブルーなフライト

まさか救急車に乗るとは、夢にも思わなんだ! 下痢と吐き気、周期的に襲ってくる腹痛に耐えてきた悪夢の8時間。 横たわっている救急車内の担架、走行中は思ったより揺れ 乗り心地はあまり良くない ふと、記念に車内を携帯カメラで撮ろう!と不謹慎な考えが頭をよぎったが 空港に忘れたままのバッグの中だと気がついた・・・      …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

不思議の国のおもしろグッズ

■ひまわりの種に、なにゆえこのパッケージ?  不思議さたっぷりのレトロデザイン    ■お菓子 〔左〕タマリンドフレーク、すっぱいフルーツあめ        〔右〕ナッツ風味のあめ菓子、なかなかイケル …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不思議の国ミャンマー、爆破事件の真相は?

まだ20代に見えるガイドのラ・チーさんは、小柄でおしゃれメガネの醤油顔(古ぃ?)。 最初に空港で会ったときは、完璧、日本人ガイドかと思ったほど! 聞くと、日本とのハーフでもなくカレン族の出身(ミャンマーは多民族国家)。 祖先は同じ系列なんだということを、あらためて実感した・・・ カレン族の言葉とミャンマー語、それに英語や…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人類皆兄弟!なりゆきで善い人になりきる

ガイドさんが尋ねてきた。 「近くの僧院に日本人慰霊碑があります、寄っていきますか?」 ヤンゴンでは、大きな日本人墓地が観光ルートの一つにあるが、 お盆でもあるし、このバゴーの地で亡くなった方のお墓参りへ・・・ 雑木林を切り開いたような所に、木造家屋が点々とあり 車をおり、歩いていくと中庭のような校庭で、沢山の子供達が遊んで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

美白な寝姿

映画「ビルマの竪琴」にでてくる、 巨大な寝釈迦が横たわるシュエターリャウンパゴダ。 白い漆喰塗りで、眉を整え、アイラインくっきりの容貌 他の場所にある、寝釈迦には口紅やマニキュア ペディキュアまで塗ってあり、もっと女性っぽいものもあるらしい 東南アジアの仏像は、日本の仏像にある荘厳な雰囲気に比べると 愛嬌たっぷりで、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

8oб〔こころ・気持ち〕を残す

ミャンマーの人にとって一番大事なもの〔こころ・気持ち〕。 “8oб”のように書いて「セイ」と読むらしい。 千年以上も前に建てられたシュエモオード・パゴダは、 何回も地震で崩落し再建されているが、 残った当時の門や塔を、敷地内にオブジェとして展示してある。 人々は地震により、塔が崩落しても不吉とは考えず 神聖なものが近くま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バカ殿メークで日焼け止め

映画か写真、どこかで見たようなパラレルワールドな街角。 人々が集まる先の階段を下りると、庶民の台所「市場」が広がる。 ややぬかるんだ道の両脇には、見たこともない品物が並べられ、 客を呼び込む声が飛び交うその一帯は、活気に満ち溢れていた。 本日はオプショナルツアー ヤンゴンから離れ、車で2時間ほどの「バゴー」という街を観光 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ヨーグルトに蜂蜜がイケル店

アナだらけの腐りかけたタクCは、朝から迷いながら探していた、 ヨーグルトがうまいカフェ&雑貨の店に到着! ここも住所をミャンマー語で書いてもらっていたので わりとスンナリたどり着けた。 雑貨は思ったより高級志向 残念ながら、気軽に買えるような代物は無かった すぐ隣、緑の中のオープンカフェで憩う うわさのヨーグルトに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本のリタイヤ営業車、ヤンゴンの街で活躍

熱チューカップルの湖をでると、客待ちのタクCが。 噛みタバコで真っ赤な歯をした運転手と交渉すれど決裂! 立ち去ろうと数メートル歩いたところで「OK!OK!」と追いかけてきて 無事現地料金となったが、 それもそのはず、車のドアはうまく開かず、車体や座席シートもボロボロ! 床の鉄板はやぶれ、下の道路が見えている箇所もある。 スピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱チューカップルがベンチ占領

日本料理店の「ふるさと」で、幕の内弁当とビールを補給し、 休憩をとること1時間、体力・気力とも無事回復! 当初の予定通り、ソニプラ(プラザスタイル)にもおろしているという サンダル&バックの店へ向う。 --------------------------------------------------------------…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

迷子・ヘロヘロ・汗だく;;;窮地からの感動救出劇

左胸にはミャンマー(ビルマ)の国旗が輝き、 バックプリントは、花文字(?)風のビルマ語 と英語表記でMYANMAR。 みやげ物屋では見なかったデザイン、 このTシャツに秘められた、感動の物語がよみがえる・・・ 国立博物館から、ヨーグルトが最高にうまいとネットで紹介されていた 雑貨&カフェの店へタクCで向かう タクC…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

博物館の“裏公認”おばちゃんガイド

朝から国立博物館へ! 門を入って右隅に軍服姿の男が4、5人。 その近くには、ひなびた市民プールにあるような、 薄めの鉄板で作った粗末なロッカーが並ぶ・・・ ここに荷物やら、貴重品を預けるらしい。 一抹の不安がよぎるが、ガイドブックにも書いてあったシステム。 チケットを買い入場 入り口には、係り員とおぼしき男女2名がしゃ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オトボケこま犬とスリスリ老人

シュエダゴォン・パヤーの一角、寺院の門の左右には 目元パッチリの、すっとぼけた顔の狛犬がおかれていた。   1分間で約1メートル!     ものすごーくゆっくりな速度     スリスリスリと、すり足で   境内を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ビルマのたわごと・ニセ坊主との遭遇

バンコクにてトランジット、ミャンマーの首都ヤンゴンへ。 天気予報どおり、空港へつくそうそう大粒の雨! 滞在中は、さすがに雷はなかったが、雨が降ったり晴れたりで 一日のうちにメリハリ良く、何度も切り替わる天候。 そして、雨が降るときは半端ではなく大量に降り注ぐ・・・ そんなミャンマーの最大の聖地シュエダゴォン・パヤーで、 中途…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神秘の国へのいざない

アジアン魚ーカーとしては10カ国目となる未知の国〔-----〕、出発の日は近い! 今は雨期、その国の首都の週間天気予報を見ると、らっ雷雨?!?!?! ちょっと笑ってしまうようなデザインの、雷雨マークがいくつも並んでいる 温度は30度前後、しかも湿度は90%以上?もある! さらに、ガイドブックの一部には 医薬品や医療機材が不…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アロハ伊豆クールビズ

伊豆急行線・熱川駅には、アロハ姿の駅員さん2名 もう一人は黄色で、二人並ぶと色鮮やか! 長かった梅雨明けにふさわしく、すごく新鮮! これから夏本番、忙しくなるんでしょうね!? 早朝5:05 ベランダから真っ赤な太陽を一瞬だけ拝む なんでこんなに早んって?歳…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more